橘玲の世界投資見聞録 2014年8月22日

W杯時期に訪れたドイツ。
首都ベルリンに刻まれた暗い記憶
[橘玲の世界投資見聞録]

 今年の6月、ブラジルワールドカップの時期にヨーロッパを旅行した。賞味期限が切れないうちにそのときの感想を書いておきたい。

 サッカーの試合を観ならがつくづく感じたのは、開催国との時差の問題だ。日本のようにブラジルとの時差が12時間で、平日朝の通勤時間に試合が行なわれると、盛り上げようにも限界がある。それに対してブラジルとヨーロッパとの時差は5時間で、グループリーグが行なわれる現地時間の午後1時、4時、7時は午後6時、9時、午前0時だから、まさにサッカーを楽しむのに理想的だ。スポーツバーだけでなくレストランやカフェもモニターを据えつけ、街じゅうがワールドカップ一色になる。

 2002年の日韓ワールドカップがヨーロッパで盛り上がりに欠けたのは、人気チームが早々に敗退したこともあるが、やはり時差の問題が大きい。サッカーはヨーロッパが中心だから、今後の開催地も欧州、南北アメリカ、アフリカが有利で、中国がワールドカップ出場国の常連になってサッカーの巨大市場に成長しないかぎり、次のアジア開催は難しいかもしれない。

ECB前のアンチ・グローバリズム運動は跡形なく…

 ワールドカップはドイツが決勝でアルゼンチンを破り4度目の優勝を果たしたが、そのドイツの試合はグループリーグのガーナ戦をフランクフルトで観戦した。

 フランクフルトはドイツの金融センターで、中央銀行ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)のほか、ユーロを統括する欧州中央銀行(ECB)の本部も置かれている。

 世界金融危機の連鎖によって引き起こされたユーロ危機では、ギリシアなど南欧の国々の財政状況が悪化し、共通通貨ユーロは解体の瀬戸際に追い込まれた。それを「ユーロの守護神」として支えたのがECBだ。

 世界的な景気後退で経済格差が広がり、社会の二極化が進んだとして、2011年9月にニューヨークでアンチ・グローバリズムの運動「ウォール街を占拠せよ」が始まった。ヨーロッパにおけるグローバリズムとは、各国から通貨発行権を取り上げてユーロを誕生させたことで、その象徴であるECBの前でも市民団体による占拠(「フランクフルトを占拠せよ」)が行なわれた。

 私はたまたま2012年6月にフランクフルトに立ち寄ったが、そのときはECB前の公園に多数のテントが並び、さまざまな集会や勉強会が開かれていた。

2012年6月のECB前。アンチ・グローバリズムの市民団体が広場を占拠していた  (Photo:©Alt Invest Com)

  それから2年たって、広場はきれいに片づけられ往時の痕跡はフェンスに貼られたビラだけになっていた。

 本家のウォール街占拠は、周辺住民から苦情を受けた公園所有者(不動産会社)の要請で11年11月に強制排除が行なわれている。フェンスに掲げられた抗議文からすると、フランクフルトでも私が訪れた直後に警察による排除が実施され、テントが一掃されたようだ。

 いまのECB前は、公園で市民がのんびり談笑し、観光客が巨大なユーロのシンボルを背景に記念写真を撮っている。フェンスには反TPPの主張やデモ参加者の寄せ書きなどが掲げられているが、関心を向けるひとは誰もいない。



『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』


作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!

アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。