ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

不適切な多角化はマネジメントを不可能にする

上田惇生
【第62回】 2008年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
マネジメント【エッセンシャル版】
ダイヤモンド社刊 2000円(税別)

 「組織は多角化していないほどマネジメントしやすい」(『マネジメント【エッセンシャル版】』)

 単純であれば明快である。全員が自らの仕事を理解し、自らの仕事と全体の業績との関係を知りうる。活動を集中できる。

 ところが長いあいだ、多角化しさえすれば業績が上がると信じられてきた。

 うまくいかなくなりそうなものは、いずれうまくいかなくなるという“マーフィの法則”がある。だが、事態が複雑な場合には、加えて“ドラッカーの法則”と呼ぶべきものが働く。なにかがうまくいかなくなると、すべてがうまくいかなくなる。しかも同時に。

 トップが事業の現実、経営環境、顧客、技術を自らの目で見て、知り、理解することができなくなり、報告、数字、データなど抽象的なものに頼るようになったとき、組織は複雑になり過ぎ、マネジメントできなくなったと見てよい。

 それでは、多角化への信奉を説明するものは何か。じつは最高の業績の企業が単一市場や単一技術の企業であったと同様に、最悪の業績の企業もまた、単一市場や単一技術の企業だったのである。

 「多角化には適切なものと不適切なものがある。適切な多角化は、適切な事業に特化した単一市場や単一技術の企業に並ぶ業績をもたらす。不適切な多角化は、不適切な事業に特化した単一市場や単一技術の企業並みの業績しかもたらさない」(『マネジメント【エッセンシャル版】』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧