ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business

ヤフーをあきらめきれないマイクロソフトの裏事情

【第1回】 2008年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「マイクロソフト(MS)がヤフーに買収を再提案しないならば、このゲームはおしまいだ」――。

 MSへの身売りを米ヤフーに迫るため委任状争奪戦に乗り出した大物アクティビスト(物言う株主)のカール・アイカーン氏。その同氏の思いを、ある関係者はこう代弁する。
 
 5月18日、MSはヤフーとの交渉について声明を出し、その中で、完全買収の選択肢を保留しつつも、当面は完全買収以外の取引(提携)を模索するとの考えを明らかにした。

 MSは1月末にヤフーに対して総額446億㌦(約4兆7000億円)の買収を提案したが、買収額が折り合わず5月3日に断念した。しかし、その後、ヤフー株を買い進めたアイカーン氏がMSへの身売りを求めてヤフー取締役の総入れ替えまで求めたことから、その流れに便乗して、完全買収を再び仕掛けるのではと見られていた。今回の声明は、投資家の希望的観測に冷や水を浴びせかける格好となった。 

グーグルにソフトウェア事業を
切り崩される恐怖感

 とはいえ、MS側からすれば、この提携路線はじつは「名を捨てて実を取りにいった作戦」(関係者)だ。

 そもそもMSがヤフー買収を目指した最大の目的は、主戦場のネット検索市場で60%という圧倒的なシェアを持つグーグルのオンライン市場支配に待ったをかけることにあった。それなのに、肝心要のヤフー経営陣がMSを嫌って、グーグルとの連携模索に動いてしまった。ヤフーのジェリー・ヤンCEOに近い関係者によれば、「ヤフーとグーグルとの提携交渉は現在大詰め」を迎えており、MS経営陣の心中は穏やかではないだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧