ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【映画「グッドモーニング、ベトナム」サウンドトラック盤】――追悼ロビン・ウィリアムズ
観る者に、元気と夢と本当の自由を与え続ける

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第93回】 2014年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月12日午前11時過ぎ、大変悲しいニュースが世界を駆け巡りました。

「映画『 いまを生きる 』や『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』などで知られる俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズが現地時間8月11日、米カリフォルニア州マリン郡にある自宅で死去した。享年63歳。郡当局は自殺の可能性があるとして、調査しているという。……」
共同通信、8月12日午前11時05分。

 もう、あの慈愛に満ちた笑顔が見られなくなる?

 熱烈なファンは勿論、映画ファンなら誰でも、失ったものの大きさを感じたはずです。

 銀幕のロビン・ウィリアムズは、彼が語る何気ない台詞の中に、人生の真理とでも言うべきものを感じさせてくれた稀有な俳優です。勿論、それらの台詞は、ウィリアムズが考えたものではないので、彼は演技として語っているわけです。でも、もしもロビン・ウィリアムズではない他の誰かがそれを語ったとしたら、どうでしょう? ハリソン・フォードやウディ・アレンだったら…?

 ウィリアムズ以外が演じた場合を想定することに大した意味はないでしょう。しかし、そういう仮定の状況を想定すると、ロビン・ウィリアムズにしか出せない演技の妙味があることは明らかです。

 ロビン・ウィリアムズは、偉大な足跡を残しました。

 と、いうわけで、今週の音盤は、名優ロビン・ウィリアムズ追悼として、映画「グッドモーニング、ベトナム」サウンドトラック盤です(写真)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧