ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

高級EVセダンを国内投入
“常識破り”テスラの本気

週刊ダイヤモンド編集部
2014年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米シリコンバレー発の電気自動車(EV)ベンチャー、テスラモーターズが日本市場に本格参入を果たす。

横浜市にオープンした日本最大の電気自動車専門のサービス工場。同様の拠点を関西と愛知県にも開業予定]
Photo by Ken Fukasawa

 9月8日、スポーツセダン「モデルS」が、日本で初の納車を迎えるのだ。

 今回、日本の公道でデビューするモデルSは、米国ではすでに2012年6月に販売が開始されたもの。13年の販売台数は2万2477台で、14年は3万5000台を見込む。価格帯は823万~1081万円という高級スポーツセダンだ。

 日本国内で走行するために必要な充電インフラとしては、同社が独自に開発し、米国などで展開している充電施設「スーパーチャージャー」を随時設置する。これは太陽光発電を用いたもので、無料で利用できる。また、ホテルやゴルフ場などにも急速充電コネクターの設置を進めており、こちらは現在までに30カ所以上を数える。

 さらに、国内に約2000カ所ある日本仕様の急速充電器「CHAdeMO(チャデモ)」も、専用のアダプターがあれば使用できる。

 日本での販売開始に合わせ、横浜市戸塚区にサービス工場もオープンした。今後は、関西と愛知県にも同様のサービス拠点を開業予定という。

 新興メーカーだけにサービスネットワークが大手自動車メーカーに比べて貧弱なのは否めない。だが、その代わりにテスラが構築したのが、インターネットによるアフターサービス体制だ。

次のページ>> 特許を他社に全公開
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧