ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第23回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson23「スウィングリズムを一定に!」

クラブをフックに握ると、ダフリのミスが防止できる

北野正之 [ティーチングプロ]
【第23回】 2008年12月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ロングホールの3打目、ピンまで残り距離が30ヤード 、寄せてワンパットならバーディという場面です。絶好のチャンスに気持ちが先行し過ぎたのか、それとも緊張して体が動かなかったのか、インパクトでクラブヘッドがボールの手前にドスンと落ちて、大ダフリしたことがありませんか?

 アベレージクラスのプレーヤーはこの1回のミスをきっかけに崩れて、ダボやトリということが少なくありません。今回は、そのようなダフリのミスを防止するテクニックをレッスンしましょう。

 第1のポイントは、「スウィングリズムを一定にする」ことです。アマチュアゴルファーのアプローチを分析すると、打ち急いでミスが出ているケースがほとんど。いつもより明らかにタイミングが早くなっているのです。

フックグリップにすると、ダウンスウィングでクラブヘッドが落ちず、スクエアなインパクトが可能。

 そのリズムを一定にするには、クラブを振るときに息を止めないことが大切。バックスウィングで息を吸って、ダウンスウィングで吐くなどして、「呼吸」でスウィングをつくっていきましょう。また、イチ、ニ、サンと口ずさみながら打つと、打ち急ぎがなくなり、ゆったりスウィングすることができます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧