ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
福井エドワードのINSIDEグリーン革命

賢い送電線「スマートグリッド」革命は本物か?

福井エドワード
【第6回】 2009年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 6月25日、アメリカ環境局のスティーブン・チュー長官は、首都ワシントンで、39億ドル(約3700億円)の資金を、いわゆる「スマートグリッド」のプロジェクトの支援のために提供すると発表した。これを受けて、全米各地の企業や研究機関から、資金助成の申請が寄せられる。8月頃には、30~50件程度の、プロジェクトが採択される見通しだ。

 一般にスマートグリッドは、最新の通信・制御技術を用いて、電力の供給者と消費者をつなぐ電力伝送のインテリジェント化を図り、最適な供給を可能にしようという概念を指す。日本においてこのスマートグリッドへの注目が急速に高まったきっかけは、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が日本の主要な企業に声を掛けて、本年4月13日から15日まで、米国ニューメキシコ州で、アメリカ側の政府、研究機関、企業とのミーティングを行ったことから始まる。

 一方、6月30日、東京都港区の「港区エコプラザ」で開催された低炭素経営研究会では、そのNEDO新エネルギー技術開発部の渡辺慶一氏を迎えて、最新の動向に関してお話を伺った。これから数回にわたって、スマートグリッドが、日本のビジネスにとって及ぼす意味について考えたい。

もはや単なる予算狙いの政策用語ではない

 このセミナーの聴衆には、メーカーや商社などの大手企業、中小・中堅企業で関心を持つ方々に加えて、複数のメディアからも出席があった。また、中央官庁や自治体の政策担当者からも参加を得た会となった。

 40分ほどの熱のこもったプレゼンテーションの後、次々と質問が出されて、活発な質疑応答が続いた。当日の様子は、こちらでもレポートされているのでご覧頂きたい。

 渡辺氏によれば、「スマートグリッド」とは、本年3月以前までは、予算項目を決める政策用語であった。それが、本年4月以降になって、技術的な特徴が定義されつつある段階であるそうだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

福井エドワード

ブラジル・サンパウロ生まれ。幼少を米国シアトルで過ごす。東京大学法学部卒。イェール大学 MBA。建設省(現・国土交通省)、米大手VCのアクセルパートナーズ(サンフランシスコ)、みずほ証券投資銀行グループ等を経て、2004年からプライベートエクイティ投資コンサルティング会社ルビーインベストメントリサーチ。国内外の人脈を生かし、環境・エネルギー分野で精力的な活動を展開している。1月に発足した低炭素経営研究会の幹事も務める。現在参加企業を募集中。
◎同研究会に関するお問い合わせはこちら


福井エドワードのINSIDEグリーン革命

オバマ政権の“グリーンニューディール”で、世界の環境ビジネスは飛躍のチャンスを得た。環境技術大国の日本がこの機を逃す手はない。環境投資の最前線で活躍する筆者が、商機の在りかを探る。

「福井エドワードのINSIDEグリーン革命」

⇒バックナンバー一覧