ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

アスリートが活躍すると急に地元が盛り上がり、
暴走族は名無し・アタマ無しが流行る不思議ニッポン

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第87回】 2014年9月13日
previous page
4
nextpage

 で、暴走族である。古くはカミナリ族と呼ばれ、各所を暴走するから暴走族と呼ばれるようになった狂騒集団だが、近年、彼らに異変が起きているらしい。

 神奈川県警の発表によると、最近の暴走族は、まずグループ名を持たず、リーダーを置かないらしい。かつては横浜なんちゃらとか横須賀どーたらといった、地元の地名を入れ、他グループとの差別化を図り対立していたものだが、グループ名を持たない「名無し集団」が増えているのだそうだ。

 交通捜査課は、二〇一一年~今年八月初旬までに、危険な集団暴走等を理由に摘発した暴走族二〇組(約二九〇人)中、驚くべきことに十一組(約一九〇人)の暴走族にチーム名がなく、また、リーダーも置いていなかったと発表した。

 暴走族のことはよくわからないが、リーダーがいないということは、総長とか一番隊長とか特攻隊長ってのもいないってことだね。でも、リーダー不在の暴走族って何よ?

 摘発されたメンバーの多くは十代で、彼らの多くは取り調べにこう応えているそうだ。

 「グループ名をつけて走るのはばかばかしい」
 「集団名があることでグループに縛りつけられ、上の人間から金を取られそう」
 「乗るバイクまで指定されそうで、グループ名やリーダーがいるのは嫌」

 だそうだ。族の世界にも、ゆとりが入り込んでいたか。
 捜査員も、それで頭を悩ませているらしい。

 「繁雑な上下関係や、決まり事を極端に嫌う。厳しい上下関係のもと、そろいの特攻服で暴走をしていたむかしと、いまの暴走族の姿は様変わりしている」

 チーム名がないことも、暴走族の実態把握を困難にさせている原因のひとつになっているようだ。

 神奈川県警が把握してるところでは、神奈川県の暴走族のピークは一九九二年で、当時は七〇組のチームがあり、四八四一人の所属を確認していた。一つのグループに約七〇人が所属していた計算だ。

 リーダーは歴代継承され、誰が所属しているかもわかりやすかったが、今年六月の時点で県警が把握している昔ながらの暴走族は、わずか四組(三三五人)しかないのだそうだ。

previous page
4
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧