ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本物の勉強法
【第8回】 2014年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
白川敬裕 [弁護士]

勉強が苦手は、あなたのせいじゃない!?
【伊藤真×白川敬裕】(第3回)

previous page
3

子どもには、「親が勉強している姿」を見せる

白川:私が小学4年生のときに、担任の先生から言われた言葉をいまも覚えているんです。
「勉強して後悔している人は少ないけれど、勉強をしなくて後悔している人は多いんだよ」って。私は子どもながらに、「じゃあ、自分は、後悔しないように勉強しよう」と思いました。とくに子どものころは、先生の「ひとこと」がとても大きいと感じます。

伊藤:学校の先生の中には、「勉強で大切なのはテクニック」だと割り切っている人がいますよね。「勉強の楽しさ」を教えてくれる先生に教えてもらえたら、子どもたちも、グンッ! と伸びると思うのですが…。

白川:伊藤先生の『夢をかなえる勉強法』を読むと、伊藤先生はとてもワンパクで、小学校のころは勉強もそれほど得意ではなかったそうですね。私も、まったく同じです(笑)。伊藤先生は、いまの小学生に、どういった勉強をしてほしいと思っていますか?

伊藤:いまの小学生には、ぜひ、「活字」を読んでもらいたいですね。活字を読んで、その内容を頭の中にイメージすることで、子どもの頭はどんどん想像力豊かに、賢くなっていくと思うんです。マンガやゲームだけでは、「イマジネーションする力」が、弱くなってしまいます。

白川:私も「読書はとても大事」だと考えています。伊藤先生は、どうすれば「読書好き」「勉強好き」の子どもたちが増えると思いますか?

伊藤:やはり、親が楽しく読書している姿を見せることでしょうね。それから、子どもが何か1つのことに興味を持って、グッ! と集中したら、親は「その興味を持ったこと」に対して、「●●●博士」になるぐらい応援してあげてほしい
「虫博士」でも、「恐竜博士」でも、なんでもいいのです。そのときの興味、そのときの集中力が、あるとき「勉強」に向くと、ものすごく勉強のできる子になる。だから親は、「虫のことばかりやっていないで、勉強でもしなさい!」と叱ってはいけないと思います。

白川:私も、「親が楽しく興味をもって勉強している姿」を見せることが、子どものやる気につながると考えています。

伊藤:本当に、そうですね。子どもは「親の背中」をよく見ています。ソファに寝転がって、ビールを飲みながらテレビを見ている親が、子どもに向かって「勉強しなさい!」と言ったところで、子どもが勉強するはずがないでしょう。説得力がまるでありません。

大学生は「学問」だけでなく、
目的を持った「勉強」を

白川:私は大学1年のときから司法試験の勉強をしていたので、社会経験を積むことができなかったんです。せいぜい、アルバイトをいくつかした程度ですね。
 海外に短期留学をするとか、もう少し、社会性を高める経験を積んでもよかったかな、と思うことがあります。伊藤先生は、「伊藤塾」に通う大学生に、どのような経験をしてほしいと思っていますか?

伊藤:大学生には、「海外へ行ってほしい」と強く勧めたいですし、とくに、アジア圏を見て来てもらいたいですね。
 社会人になって行けなくはありませんが、やっぱり、学生の時代のほうが、圧倒的に行きやすいので。もちろん「留学」できるのがベストですが、それが難しければ「旅行」でもいい。

白川:「海外」に出るメリットを、どのようにお考えですか?

伊藤:やはり、若いころに、旅行でもいいから「海外」を見ておくこと、そして、海外から見た日本を見ておくことは、社会に出てからの「思考の幅」に、ものすごく影響してくると思います。世界には、日本の中にいては、とても触れることのできない景色や、文化や、慣習があることを、体で体験することが大切なのです。

白川:先生は「大学は学問をする場所」と定義されていましたが、大学生は「学問」だけでなく、「目標のある勉強」もしたほうがいいですよね。

伊藤:できるならば、なにか「資格」を取ることを、目指してほしいですね。ダラダラと勉強をするより、直近の「目標」を設定したほうが継続しやすいですから。

白川:短期の目標を決めて、それに向かって努力をすることは、「ゴールから逆算して、いつ、何をすればいいのか」を考える訓練になりますし、仕事でも勉強でも通用する「王道で、本物の勉強法」を学ぶチャンスになりそうですね。

伊藤:そうですね。そのうえ、第三者に「評価される資格」は、「自分が頑張ったことの証」にもなりますからね。もちろん、自分にとっても「自信」につながる。だから勉強をする人は、「何のために勉強をするのか」を考えたうえで「目標」を決めて、そこから逆算をして、「今日の努力」を続けてほしいと思います。
目標を持って勉強を続けられる力が、「自分のまわりにいる人たちを幸せにする力」となっていくということが、身を持って経験できるはずなのです

白川:なるほど、伊藤先生、大変、勉強になりました! この度は、貴重な機会をいただきまして、本当に、ありがとうございました!

伊藤:こちらこそ、ありがとうございます! 白川先生の、さらなる活躍を期待しております!

 

 

 


 


【ダイヤモンド社書籍編集部からのお知らせ】

価格:¥ 1,500(税抜き) 判型/造本:4/6並製 ISBN:978-4-478-024478

『本物の勉強法』
 本書では、小学校5年生まで「勉強ゼロ」だった白川敬裕氏が、「ラ・サール高校」→「東大」→「司法試験合格」→「裁判官」→「弁護士」になった、【本物の勉強法】についてお伝えいたします。
「試験」にも「仕事」にも一生使える、無理や無駄を省いた、王道の勉強法です。

【勉強に必要な3つの力】
1【感情】「やる気をコントロールする力」
2【戦略】「計画を立てて継続する力」
3【思考】「自分の頭で深く考える力」


 勉強だけでなく、仕事の成果も、この「3つの力のかけ算」によって決まります。目標達成に向けて無駄なく、無理なく仕事を進めていくときにも、「1感情×2戦略×3思考」=成果 という公式を応用することができるのです。

ご購入はこちらから
[Amazon.co.jp][紀伊國屋BookWeb][楽天ブックス]


【伊藤真氏の著書】

◆『夢をかなえる勉強法

価格:¥ 1,300(税抜き)判型/造本:4/6並製 ISBN:978-4763-196767

人はみな100%勉強に向いている。勉強に得手、不得手があるのではなく、勉強のやり方、つまり勉強法に問題があるだけなのだ―司法試験の短期合格者を多数輩出している受験指導校・伊藤塾の「カリスマ塾長」が編み出した、「人生の夢をかなえる普遍的な勉強法」。そのすべてを公開したベストセラーが、文庫で登場。勉強の効率がぐんぐん上がるコツから、勉強することの意味までを説く、勉強法本の決定版。

ご購入はこちらから
[Amazon.co.jp][紀伊國屋BookWeb][楽天ブックス]

previous page
3
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



白川敬裕 [弁護士]

弁護士(東京弁護士会所属)、原・白川法律事務所パートナー。 東京大学法学部卒、ラ・サール高校卒。 1975年、福岡県北九州市生まれ。大学4年在学中に司法試験に合格。24歳で裁判官に任官。民事訴訟、医療訴訟、行政訴訟、刑事訴訟等の合議事件に関わる。民事保全、民事執行、令状等も担当。 2003年、弁護士に転身。 著書に『ビジネスの法律を学べ!!』『憲法がヤバい』(共に、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、2014年7月まで「ビジネス法務」(中央経済社)にて「民法改正KEYWORD」を連載。共著に『会社の健康リスク対策は万全か』(フィスメック)がある。 NPO法人 日本融合医療研究会副理事長。


本物の勉強法

この連載では、小学校5年生まで「勉強ゼロ」だった白川敬裕氏が、「ラ・サール高校」→「東大」→「司法試験合格」→「裁判官」→「弁護士」になった、【本物の勉強法】についてお伝えいたします。「試験」にも「仕事」にも一生使える、無理や無駄を省いた、王道の勉強法です

「本物の勉強法」

⇒バックナンバー一覧