ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2014年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー

ウェブ会議システムNo.1企業が
システム刷新に成功した理由
見込売上速報の誤差30%→2%、解約率30%低下!

これでは仕事にならない……

 テレビ会議・ウェブ会議システムの国内市場で7 年連続シェアナンバーワンを達成し、2013 年12 月には東証マザーズへの上場を果たした株式会社ブイキューブ(東京都目黒区)。その順調な歩みを陰日向になって支えているのが、Salesforce の導入・運用計画において中心的な役割を担い、現在もSalesforce を駆使して業務の改善に励み続ける「NEXT プロジェクト」のメンバーたちだ。

 その舵取り役を務める常務取締役営業本部長の森田繁氏が、社内のシステムの大幅な見直しの必要性を痛感したのは2011 年のこと。当時利用していたクラウド型ERP では、データの正確性の問題などにより、見積書の作成や請求書の発行などを手作業で行わなければならなかったばかりか、予算と実績とを比較して達成度を把握したり、営業担当者の行動を管理したりすることが困難だったからだ。

 「当時、私はまだ入社して半年ほどだったのですが、そういう現状を目の当たりにして、これでは仕事にならないと思いました。しかも、システムの月額利用料も100 万円ぐらいと決して安くない。それで決心したんです。思い切ってシステムを入れ替えて業務を刷新するほかない、と」(森田氏)

新システム導入の明確な目的と計画を策定

 さらに森田氏は、せっかくシステムを一新するなら、プロジェクトチームを組織化して計画を十分に練り、メンバーと共感し合いながら進めたいと考えた。そこで、プロジェクトの目的として次の3 点を掲げた。

 リードの獲得から契約に至るまでの一連の営業プロセスにおいて、どのぐらいの見込み顧客がいるかを把握し、またどんな課題があるかを理解して共有するパイプライン管理を可能にすること。
 見積書の作成から請求書の発行までのデータを一元管理し、目的別の帳票作成を自動化すること。
③ 営業担当者の売上予測に対する実績を週次で管理・把握できるようにすること。

 その上で、5 つのフェーズで構成される、システム導入から運用までのおおまかな流れを提示し、プロジェクト全体およびタスクごとの進捗を管理していく方針を打ち出した。

この記事の続きは以下からPDFをダウンロードしてお読みいただけます。

 

[制作/ダイヤモンド社 クロスメディア事業局] 

 

資料ダウンロードのご案内

データの活用が容易になったことで、マーケティング手法は急激に進化してきた。一方、セールスの分野でもかつての常識を覆すような考え方が誕生しつつある。それぞれ、自社に合った見直しができれば、企業の成長は加速し、新たなイノベーションにもつながっていくはずだ。マーケティングやセールスの分野で、今、知っておくべき最新トレンド&ソリューションを紹介する。

見込売上速報の誤差30%→2%、解約率30%低下!ウェブ会議システムNo.1企業がSalesforce導入に成功したワケ

本資料では、ウェブ会議システムの国内市場で7年連続シェアNo.1を達成した株式会社ブイキューブが、「見込売上速報の誤差30%→2%」、「解約率30%低下」などの劇的な成果を上げるまでに至った経緯と具体的な施策を解説。社内システムを整備し、生産性を高めたいとお考えの方は是非ご覧ください。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社セールスフォース・ドットコム(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

SFDC_logo

株式会社セールスフォース・ドットコム

〒100-7012

東京都千代田区丸の内2-7-2

JPタワー12階

TEL:0120-733-257、03-4222-1000

E-mail:info@jp.salesforce.com




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧