アラブ 2014年10月6日

教えて! 尚子先生
「パレスチナ問題」とはなんですか?<後編>【中東・イスラム初級講座・第14回】

チュニジア、エジプト、リビアと革命が続く中東。今でも毎日のように、テロや紛争のニュース が絶えません。なぜ中東では革命や政変がこんなに起こるのでしょうか。8月26日にようやく停戦となったイスラエルによるガザ侵攻。パレスチナでは何が起きているのでしょうか。「パレスチナ問題」の後半です。

 前回は、エジプトやシリア、ヨルダンといったアラブ諸国が主体となった中東戦争について説明しました。

【関連記事】教えて! 尚子先生「パレスチナ問題」とは何ですか<前編>

 今回は、その間のパレスチナ人の動きを説明します。

 パレスチナ人も戦闘には参加していたのですが、「国家」がありませんから、パレスチナ人の対イスラエル闘争は「ゲリラ」組織が行なった行為とみなされていました。こうしたパレスチナの闘争の中心的な役割を果たしてきたのが、パレスチナ解放機構(PLO)です。

パレスチナ人のイスラエル闘争を担ったゲリラ組織PLO

 PLOは1964年に開かれたアラブ連盟において、パレスチナの解放を目指して「外部から」組織された団体でした。ところが、1967年の第三次中東戦争でアラブ側が大敗したために、パレスチナ内部の労働組合やイスラエルに対してゲリラ闘争を行なっていたファタハなどの組織が加わり、パレスチナの民衆組織として再編されました。

 1969年にはファタハを指揮していたアラファトが議長となり、ヨルダンの首都アンマンを本部にゲリラ活動を行なっていました。ところが、たびたびPLOがヨルダンから戦闘を仕掛けたために、イスラエル軍がヨルダン領内にまで追撃するようになり、1970年にヨルダン政府はPLOを武力で追放しました(黒い9月事件)。

 その結果、PLOの本部はレバノンへ移ることを余儀なくされましたが、レバノンに移った後もイスラエルに対して武装闘争を繰り広げていました。

 イスラエル側は1978年のキャンプ・デービット合意で南のエジプトからの脅威がなくなったために、本格的にレバノンのPLOの掃討を試みます。これが1982年のレバノン侵攻です(レバノン侵攻については橘玲さんの「映画で理解するレバノン内戦と数奇な現代史[橘玲の世界投資見聞録]」を参照してください)。

ヨルダン軍地雷撤去班=ヨルダン渓谷/ヨルダン【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。