ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した
三浦環20年間の最盛期をたどってみた

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第61回】 2014年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

1914年3月26日~31日、島村抱月率いる芸術座が帝国劇場で「復活」(レフ・トルストイ作、島村抱月訳)を上演、劇中歌の「カチューシャの唄」で松井須磨子は大スターになる(連載第34回)。三浦環はその2ヵ月後、5月10日に夫の医学者、三浦政太郎とともに留学のため、神戸からドイツへ旅立った。今回は世界的なオペラ歌手となった三浦環の最盛期から晩年まで。

2冊の「自伝」で三浦環の足跡をたどる

 欧米の演奏記録は三浦環(1884-1946)の自伝に記されている。自伝は2つ。環の自著である『歌劇お蝶夫人』(音楽世界社、1937)と、吉本明光が環に聞き書きした『三浦環のお蝶夫人』(音楽之友社、1955、初出・右文社、1947)だ。

 『歌劇お蝶夫人』は菊判(A5判)158ページの書物で、環による「蝶々夫人」の日本語訳が129ページ、残りは解説と渡欧後の記録となっている。1937(昭和12)年に音楽世界社から出版されている。音楽世界社は現在の音楽之友社の前身の一つだ。1941年の統制経済下、「第一次音楽雑誌統合令により、『音楽世界』『月刊楽譜』『音楽倶楽部』の3誌発行元が合併し、匿名組合音楽之社が設立」(音楽之友社ホームページ)された。

『歌劇お蝶夫人』(音楽世界社、1937)の表紙

 『三浦環のお蝶夫人』は吉本明光が環にインタビューしてまとめたものだが、病床で書いた自筆の文章も収められている。他界の翌1947(昭和22)年に右文社が出版している。右文社は現存していないようだが詳細はわからない。筆者が所有しているのは1955年に音楽之友社が文庫判で復刻したものである。

 著者の吉本明光(1899-1960)は読売新聞社企画部長で、音楽評論家でもあった。新聞社の企画部は音楽会も主催するのでプロデューサーだったのだろう。環は山中湖に疎開していた時期に、東京で演奏会があると吉本の自宅に宿泊することもあったという。

 『三浦環のお蝶夫人』と『歌劇お蝶夫人』は、本人の言葉で語られているので信頼度が高いと思うが、環の「足取り」には諸説あり、じつは正確にはわからない。1910-20年代の通信やメディアは未発達で、記録はほとんど残っていないのである。以下、事績はこれらの自伝に依拠する。それによると――。

 1914年5月20日に神戸港を出港。7月9日にマルセイユ着。陸路ベルリンに着いたのは7月11日だった。政太郎はカイザー・インスティテュートに入った。環はリリー・レーマン(1848-1929)に師事するつもりだったが9月まで避暑で不在。ベルリンで待っていたが、7月25日にオーストリアがセルビアに宣戦布告し、第1次大戦が始まる。それぞれの同盟関係からドイツは8月2日にロシアに宣戦布告し、欧州は大混乱に陥る。同盟関係は錯綜し、けっきょく英仏露と独墺オスマンのあいだで大戦争となる。

 なお、カイザー・インスティテュートは現在のマックス・プランク研究所の前身で、複数の研究所を擁するドイツ最大の学術研究機関である。政太郎は訪問研究者として籍を置いたと思われる。リリー・レーマンはドイツを代表するソプラノ歌手で教育者だった。『私の歌唱法』(“Meine Gesangskunst”1902.)という著書もあり、日本でも出版されている(川口豊訳、シンフォニア、1991)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

日本のポピュラー音楽の誕生をレコード産業の創始と同時だと考えると、1910年代にさかのぼる。この連載では、日本の音楽史100年を、たった20年の間に多様なポピュラー音楽の稜線を駆け抜けた本田美奈子さんの音楽家人生を軸にしてたどっていく。

「かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史」

⇒バックナンバー一覧