ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

Google Glassで脳波の動きだけで写真を撮れる!
物理学者のホーキング博士も注目のアプリとは

岡 真由美
2014年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

「写真を撮る」と念じてもダメ

 脳波で何かを操作するというと、心の中で念じることを想像しがちだ。しかし実際には、EEGセンサおよびMindRDRアプリはユーザーの思考を読むことはできない。脳波の活動をモニター、分析し、ユーザーが何かに集中しているのか、それともリラックスした状態にあるかを査定するだけ。したがって脳波で写真を撮るには、ちょっとしたコツがいるという。

Google Glassとヘッドセットを装着すると、こんな感じに

 ヘッドセットとGoogle Glassを装着、Glassをカメラモードにすると、目の前のスクリーン中央に線が現れる。写真を撮るには、この線をスクリーン上方に動かす必要がある。線が動くのは、脳波が集中モードになっているときだ。

 MindRDRによれば、九九を唱えたり、アルファベットをZから逆に唱えたりするなど、何かほかのことに集中するようにすると、うまくいくというから不思議だ。

 線を上に移動させて写真が撮れたら、そのときの脳波をモニターした結果とともに、MindRDRのツイッターアカウントにアップすることができる。脳波の結果は「Meditation(リラックス)」「Attention(集中)」の2分野で数字とアイコンで表示される。これを見れば、そのときの自分がどの程度集中していたのか、あるいはリラックスしていたのかがわかる。

 ツイッターを見ると、いろいろな人の結果を見ることができて、おもしろい。

身体が動かせない人々が利用できるアプリへ

 現在のアプリでは、写真を撮ることしかできないが、将来的にはもっとさまざまなコントロールを脳波で行えるようにし、多発性硬化症や四肢まひの人々に利用してもらうことが目標だ。すでにスティーブン・ホーキング博士らと、MindRDRの可能性について話し合っているという。

 なお、MindRDRは無料のアプリで、オープンソースである。

(岡 真由美/5時から作家塾(R)

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧