ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

スティーブ・ジョブズ [アップル社共同創業者]

【第3回】 2007年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

  アップル・コンピュータ社の共同創立者スティーブ・ジョブズは、庶民の英雄のようなCEOだ。多くの優良企業と同様、アップル社もガレージで産声を上げた。創立したのはジョブズと、技術に造詣の深いスティーブ・ウォズニアックの2人だった。

 アップルのパーソナルコンピュータ(PC)は、コンピュータ操作のありようを変えてしまった。もっとも、残念なことに、オペレーティングシステム(OS)とハードウェアを一体化するという、戦略上の誤りを犯してしまった。マイクロソフト社が向かった方向はこれと反対で、MS-DOSをどんなPCメーカーにもライセンスする方針を取った。その後の話はここで述べるまでもないだろう。

  1985年、ペプシ社の会長だったジョン・スカリーがアップルの業績不振を打開するため同社に招かれると、創立者のジョブズは同社を去った。そのスカリーも1993年に解雇され、ジョブズが復帰要請を受けることになる。

  アップルに復帰を果たすと、ジョブズは同社に新たな息吹を吹き込んだ。多くのファンに言わせれば、アップルの業績を回復させたことで、ジョブズは偉大なIT起業家としての力を証明した。

生い立ち

 1955年2月、ポール・ジョブズとクララ・ジョブズは孤児を引き取った。名前はスティーブン・ジョブズ。育ったところはカリフォルニア州ロスアルトスだ。

 学校を卒業すると、ジョブズはヒューレット・パッカード社で行われていた講習を受ける。カリフォルニア大学を中退したスティーブン・ウォズニアックに初めて会ったのは、ヒューレット・パッカードで仕事をしていたある夏の日だった。ウォズニアックは技術のわかる神童で、絶えずいろいろなおもちゃを発明していた。

 再びウォズニアックに出会ったのは、「自作コンピュータクラブ」の集会に出席したときだった。クラブの会員のほとんどはコンピュータおたくで、ダイオード、トランジスタ、そしてこれらを材料にしてつくった電子機器のおもちゃ以外には目もくれなかった。ジョブズは彼らと違い、コンピュータのスタイル、使い勝手、市場性に対する確かな目があった。ジョブズはウォズニアックに対して、2人で協力してPCをつくり上げようと説得する。アップルIの設計はジョブズの寝室、プロトタイプの組み立てはガレージだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
「ザ・ビジネス 世界で最も偉大な経営者」好評発売中!

ジャック・ウェルチ、ビル・ゲイツ、松下幸之助ほか世界的な名経営者52人から学ぶビジネスの極意。彼らの生い立ちと、思想体系をコンパクトに凝縮。ビジネスパーソンとしての教養と見識が確実にレベルアップする1冊。2940円(税込)

話題の記事


世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

世界のビジネス界をリードした、偉大な経営者たちの生い立ちと実績を紹介。ジョブズ、ウェルチ、ゲイツ、ゴーン、孫正義、盛田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎ほか。

「世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編」

⇒バックナンバー一覧