中国 2014年12月19日

これから10年、中国もアジアも激動する。
そのなかで起業家はなにをなすべきか?【第5回】世界で戦うために必要な心の強さ=根性

お金儲けの神様「邱永漢」人生最後の弟子で、2005年より中国四川省成都に在住。日本生まれの韓国人で、現在はグループ会社3社の社長兼取締役を勤める金さんが、中国バブルの行く末を考えます。

 中国にビン(門構えに虫)南語(台湾でも使われています)という言葉があります。およそ、福建省を起点として世界にひろがっていった民族の一派だといわれていますが、商人としても有名な方々です。

 この地域の人々は、アジア全域で活躍する方が多いのですが、この地域で古くから言われている言葉が「門をでない者は虫にも劣る」です。

 そもそも、ビン南のビンの文字をみれば分かる通り、門の中に虫がいるのが、ビンです。ここの人達は、古くからその土地にとどまらずに、世界を舞台に戦ってきたわけです。

 翻って、日本のグローバル度は東京でみればなかなか高いのですが、それ以外の地域ではまだまだだと思います。

 どのような形になるかわかりませんが、この後10~20年のあいだに国境というものが意味をなくし、より自由に人々が移動するようになると私は考えています。

 香港から日本までうまくすると1万円台で飛べる時代なわけですから、経済的にも物理的にもその時代はすでに始まっています。精神的にまだ壁があるだけなのだと思います。

 最近、グローバルエリートという言葉をたまに目にします。なんだか流行り言葉のようで私にはピンとこないのですが、グローバルに活躍できる人がもっともっと出てくるべきだと私も思っています。

グローバルエリートの条件

 私が考えるグローバルエリートに必須の条件というものがあります。以下が、その3条件です。

<グローバルエリートになる3つの条件>
IQ=Intelligence Quotient  知力
EQ=Emotional Quotient  人間力
AQ=Adversity Quotient  逆境への強さ

 IQやEQに対する説明はいまさら必要ないと思います。

 AQ。この言葉を目にするのが初めての人もいると思いますが、「逆境や変化、挑戦に立ち向かう時に、いかに高いパフォーマンスを発揮できるのかを知る指標」です。

 わかりやすく言い換えれば「根性」です。

 こんなことをいうと笑うかもしれませんが、ビジネスマンが世界を舞台に戦う際には、ありとあらゆる逆境を経験します。その中で逆境にくじけずに学習を続けることのできる人間が長期的に成長していきます。だから、世界で戦うには、心の強さ、根性が本当に必要なんです。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。