ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

【最新大学評価ランキング:特別版】
大学のおしゃれ度を反映
読モ、女子アナ、CAランキング

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

おしゃれな生活や環境が読者モデルを生み出し、彼女たちが、アナウンサーやキャビンアテンダント(CA)を目指す。読モ、アナウンサー、CAを輩出する大学には共通性がある――。「週刊ダイヤモンド」10月18日号特集「最新 大学評価ランキング」の中から注目記事を掲載する。

 青山学院大学4年の斉藤陽子さん(仮名)は、2015年から国内の航空会社でキャビンアテンダント(CA)として働く。CAに就職が決まったことに十分、満足している。ただ、彼女にとっては、第二志望の職種である。

 第一志望はアナウンサーだった。二次面接を通過できずに、夢破れた。あまりの高倍率故、すぐに諦めもついた。

「テレビ局、航空会社で面接を待っているとき、顔見知りを何人か見つけました。読者モデルで一緒だった子たちです。希望業界が重なるその子たちと就活の情報交換をしたのがよかった」と斉藤さんは振り返る。

 彼女は同級生から憧れのまなざしを向けられるほどの美人である。大学2年のとき、友人に誘われてファッション誌の読者モデル(読モ)になった。

 在学中に読モを経験し、アナウンサー試験に挑戦し、最終的にCAになった女子学生は、斉藤さんの周りだけで何人もいる。彼女たちの出身校はどれも、読モ、女性アナウンサー輩出、CA採用の各ランキングで上位に食い込んでいる(読モ、女性アナウンサー輩出ランキング表は「週刊ダイヤモンド」10月18日号特集「最新 大学評価ランキング」に掲載)。

 この三つに強いのが青山学院大、慶應義塾大学、学習院大学などだ(慶應義塾大学は未集計。ANA、JALへの就職者は42人〈女性27人〉おり、外国航空会社を含めれば、CA採用者15人以上と推測される)。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧