ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

ドライバーのボール位置は左わきの下に

金谷多一郎 [プロゴルファー]
【第10回】 2007年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
左わきを基準に両足を広げて構えると軸がまっすぐになる(右側の写真参照)。左足かかとを基準に右足を外に出すと軸が右に傾く(左側の写真参照)

 安定したショットを打つためには、毎回同じような、誤差の少ないアドレスをつくることが必須条件です。その方法論の1つがボールの位置をあらかじめ決めておくこと。「ドライバーは左足かかとの延長線上にボールをセットする」というセオリーを、ゴルファーなら1度は耳にしたことがあると思います。

左わき下の延長線上にボールをセットすると、スタンス幅に関係なく軸が一定し、アドレスの再現性が高まる

 練習場と違い、四角いマットも目印になるラインもないコース上では、ボールの位置を基準に構えをつくることは有効な作戦ですが、近年のドライバーにはそのセオリーが通用しなくなっています。

 ここ数年、ドライバーのクラブヘッドは大型化し、シャフトは長尺化しています。そのため、以前よりボールから離れて立ち、スタンスを広めに取ることが最新ドライバーを使いこなすポイント。従来のセオリーのように、左足かかと線上にボールを置いて右足を外に広げていくと、体の軸が右に傾き、右肩が落ちてしまうのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

金谷多一郎 [プロゴルファー]

1960年1月2日生まれ、東京都出身。84年プロ入り。卓越した理論とわかりやすい指導法が人気のカリスマコーチ。数々のメディアで活躍中。


金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

多忙なビジネスマンがゴルフに費やすことができる時間はそれほど多くないと思います。そこで、合理的に「楽しく」上達できる方法をレッスンします。

「金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習」

⇒バックナンバー一覧