株式レポート
10月20日 18時0分
バックナンバー 著者・コラム紹介
マネックス証券

NISAの買い場 - 広木隆「ストラテジーレポート」

大底は買えない
小林秀雄は「上手に思い出す事は非常に難しい」と述べたが、まさにその通りである。井上陽水の名曲、『夢の中へ』の歌い出しは♪〜忘れ物は何ですか、だと思っていたが、正しくは「探し物」であった。こういうのを「うろ覚え」というのだろう。

齢をとると、忘れ物が多くなる。大事なことを忘れていた。NISAである。少額投資非課税制度のことだ。さすがに知らないひとはいないと思うが、念のために述べておくと、NISAとは株式や投資信託の売買益や配当金などが非課税になる制度である。投資金額の上限は毎年100万円までだ。そして、ここが肝心なところだが、その100万円の枠は翌年に持ち越せない。今年、投資を見送ったからといって来年の枠が200万円になるかというとならないのである。今年の枠、100万円は今年限り。だったら、今年中に使わなければもったいない!と思うだろう。しかし、その考えは間違いである。

今、投資を行って5年程度の中長期でリターンが期待できる、という公算があるなら投資するべきだ。今年の非課税枠が使えるのもあとわずかだから、といって慌てて投資するというのは本末転倒である。今後、年末が近づくと「NISAの枠の使い残しはないですか?」というようなリマインドが金融機関から送られてくると思うが、投資を決めるのは一にも二にも、期待リターンとリスクが第一の要因であって、非課税枠の使用期限ではない。

振り返ると、今年の年初から日本株式市場は急落し、春ごろまでは低迷が続いた。ようやく5月下旬から復調の兆しが見え始め第1四半期決算がまあまあだったことから夏場は結構持ち直した。8月に米国のイラク空爆で急落する場面もあったが、すぐに取戻し9月相場は大きな上昇になった。日経平均は1万6300円台をつけて昨年末の高値を更新した。それを見た時、思ったであろう。こんなことなら安いときに仕込んでおけばよかったと。

人生でやり直しがきくことなんて、そう滅多にない。ところが相場はやり直しがきく。買い場を逃した!と思ったはずが、今また買い場が訪れている。

9月の年初来高値から1月も経たないうちに株式相場は再び下値模索の展開となった。日経平均1万4000円台というのは今年前半、相場が低迷していたころの水準だ。その時より円安は遥かに進み、外需企業の業績期待は確実に高まっている。バリュエーションを考えれば、絶好の投資チャンスだ。今年最後のチャンスかもしれない。それならNISAを使おう。

僕はNISAでインデックス・ファンドを買った。先週、木曜日の10時前である。日経平均でいえば1万4700円割れを見て買い注文を成り行きで出した。大底では買えなかったが、まずまずのところで買えたと思う。投資の世界には、「落ちてくるナイフをつかむな」という有名な格言がある。但し、こんな水準まできたら関係ない。底打ちは確認できなかったけど、まず第一弾の買いを入れた。もう一回、下押すことも想定してNISA枠100万円の半分だけ投資し、もう1回買える余力は残しておいた。

相場が底を打ってから、あの時俺は買っていたと言っても信じてもらえないかもしれない。本当はここに約定報告の画面を貼り付けるつもりでいたが、諸般の事情によりそれは見送ることにした。悪しからずご了承願いたい。

今年もあとわずか。このタイミングでNISAの枠が余っている。日経平均は1万5000円を下回っている。外部環境に引きずられた売られ過ぎの領域である。これだけの条件がそろうなら、NISAでの投資をお勧めする。

売られ過ぎを示唆する指標
僕はテクニカル分析というものをあまり信頼していない。所詮、過去の経験則だから、役に立つ場合とそうでない場合が混在している。結局、どの程度役に立つのか判断できないからだ。
「猫が顔を洗うと雨が降る」と言われるが、うちの愚猫などは年がら年中、顔を手で洗う仕草をしている。

しかし、猫が顔を洗い、ツバメが低く飛び、蜘蛛が巣を張り、カエルが鳴いて、朝焼けといわし雲が同時に観察されれば、さすがに雨が近いと思う。

テクニカル指標も同じで、騰落レシオが○○だからとか、移動平均の乖離率が○%に達したから、というだけではだめである。「XXというテクニカル指標はダマシが多いから、俺はMACDしか見ないことにしている」というようなことを言うひとがいるが、僕はテクニカル指標は全部見るのが正解だと思う。

ご覧いただこう。さすがに「底入れ」と判断していい。仮にここから、もう一段安があったとすれば、それはさすがに異常値だろう。








※各テクニカル指標はいずれも10月17日終値時点

米国株式市場の底入れ機運
今回の市場変調は米国が震源地。米国株が下げ止まらなければ、終わらない。前回のレポートでS&P500の200日移動平均割れに言及した。今回は、欧州債務危機の深刻化や米国の債務上限問題があった2010年、2011年型の大幅調整には至らず、2012年11月の財政の崖で調整したところが参考になると述べた。当時、S&P500は200日移動平均からの下方かい離2%で底打ちした。今回もまたマイナス2%に達したところで大きく切り返している。ダウ平均にしろS&P500にしろ、10/15、10/16と2日続けて長い下ひげを引いて大幅陽線で切り返した。高値からの下落率は取引時間中の安値(すなわち、その下ひげの先端)で一時10%に迫った。米国株は、高値から10%調整すると本格的な弱気相場入りとされる。しかし、寸前で弱気相場入りを回避した。奈落の底をいったん覗いてから踏みとどまった格好だ。ちなみに長い下ひげ〜大幅陽線のパターンはドイツDAX指数も同様である。



S&P500のPERは16倍から14倍台に低下。この間に始まった米国企業の7-9月期決算発表も総じてみると出足は好調で、事前の6.4%増益予想が6.9%増益に上方修正されている。企業業績が堅調なのに株価が大幅安、その結果バリュエーション面の割高感も修正されている。テクニカル的にみてもいいところ。目先、これ以上売られる要素は少ないと思う。

相場は、一度大きく動揺するとなかなか元に戻らない。完全復活には時間がかかることがある。このような状況で、ストラテジストたちが好んで使う常套句がある。 「予断は禁物」とか「まだ予断は許されない状況」だ。しかし、予断とは読んで字のごとく、予(あらかじ)め判断する、すなわち予測することだ。われわれの商売は予断してナンボである。予断しないストラテジストはストラテジストではない。僕は、相場はこれで底を打ったと判断する。


(チーフ・ストラテジスト 広木 隆)

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)


マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

 

Special topics pr

ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP