ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

日本と同じ感覚では決して勝てない!
中国ビジネスで失敗しない“秘訣10ヵ条”

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第15回】 2010年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国市場への依存度が
ますます強まる日本企業

 超低空飛行を続ける日本経済。日本の国民1人当たりのGDPは世界19位まで下がり、2050年には人口も1億を割り込むと予測されている。

 今後もこのマクロトレンドが続くことを考えると、高齢者向けビジネスなど特別な業界を除き、日本の国内市場はまさに「下りエスカレーター」となるだろう。

 このまま日本市場というタイタニック号が沈まないことに賭けるか、はたまた、ある程度のリスクをとって海外市場に果敢に挑戦するか──。今まさに日本企業の経営者は、厳しい意思決定を迫られている。

 では、もし活路を海外市場に求める場合、どこに挑戦すべきか。インド、ロシア、東南アジアという選択肢もあり得る。しかし、これまでの日本との関わりの深さや潜在的な成長力を考えると、大本命はやはり「中国市場」となるだろう。

 実際、日本企業だけでなく、中国ローカル企業を含めた世界中の企業が、この中国市場での覇権を目指して戦いを繰り広げている。一昔前、アメリカンドリームという言葉があったが、今まさに中国では「チャイニーズドリーム」を目指したグローバルな戦いが起きている。

中国市場は、日本企業にとって
ホームではなく「アウェイ」である

 ただ残念なことに、この中国市場での戦いを優位に進めている日本企業は少ない。中国にいる日本人や日系現地法人相手のビジネスである程度成功している日本企業はあるものの、肝心の中国人や中国企業相手の中国ローカル市場で成功している日本企業は、まだ少数というのが現状だ。それは何故だろうか。

 その一番の原因は、多くの日本企業が中国を「ホームグラウンド」と思い込んで戦っているからだと、私は思っている。顔の色は日本人と似ていても、飛行機で数時間以内の距離であっても、中国市場は日本とは違うやり方で戦うべき「アウェイ」の市場なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧