ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

計画屋の目にとまってからではもう遅い

上田惇生
【第34回】 2008年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
イノベーションと起業家精神
ダイヤモンド社刊 1500円(税別)

 「イノベーションはその本質からして、分権的、暫定的、自律的、具体的、ミクロ経済的である。小さなもの、暫定的なもの、柔軟なものとしてスタートする」(『イノベーションと起業家精神』)

 イノベーションの機会は、現場で、あるいは現場に近いところで見出される。それは、いわゆる「計画屋」が対象とする膨大な総体ではなく、逸脱したもののなかに見出されるという。

 予期せぬ成功や失敗、ギャップ、ニーズ、認識の変化のなかに見出される。それら逸脱したものが、計画屋の目にとまるようになってからでは、もう遅い。

 イノベーションを行なう者は、見聞きしたものを論理的かつ詳細に分析する必要がある。知覚するだけでは不足である。知覚というものが単に感じることだけを意味するのであれば、イノベーションにおいて知覚はまったく役に立たない。見えるものでなく、見たいものを見るにすぎないからである。

 とはいえ、実験と評価を伴う緻密な分析といえども、その基礎となるのは、あくまでも変化、機会、現実に対する知覚である。

 したがって、イノベーションを行なうには、外に出かけ、見て、触って、聞く行為をしなければならない。イノベーションにおいては、すべてがそこから始まる。

 「イノベーションの機会は、暴風雨のようにではなく、そよ風のように来て去る」(『イノベーションと起業家精神』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧