ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

エボラ出血熱対策から見える歪んだ地方分権

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第279回】 2014年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 エボラ出血熱が世界中で猛威を振るっている中、日本では厚労省が水際対策の充実や治療効果のある未承認薬の2万人分備蓄などを喧伝しています。しかし、本当に政府の対応は万全と言えるのでしょうか。制度の詳細を見ると、特に国内対策ではかなり不安が大きいことが分かります。その原因は、歪んだ地方分権の実態です。

水際対策で起きる“縦割り”という障害

 エボラ出血熱のような感染症の日本国内での発症や蔓延を防ぐ対策は、日本に入ってくるのを防ぐ「水際対策」と、国内で感染が確認された場合の対応である「国内対策」に分けられます。

 前者の水際対策については、検疫法を根拠に国が対応をすることとなります。感染の疑いのあった帰国者がすぐに病院に搬送されるなど、報道では完璧かつスムーズに対応できていることが強調されていますが、実際は政府の省庁間の縦割りが弊害をもたらしています。

 水際対策については、厚労省(検疫所)が入国者の体温を測定し、法務省(入国管理局)がエボラ出血熱の流行している国への滞在を確認し、国交省(空港事務所)が発熱などの自己申告を促すポスターの掲示を担当し、検疫所が関係省庁に協力要請をするとなっています。

 しかし、実際は、感染の疑いのあった帰国者への対応の際も、厚労省から国交省への具体的な要請はなかったとのことですし、そもそも機内で乗客が嘔吐した場合の対応は“検疫マター”として検疫所任せになっているようです。水際対策については、省庁間の縦割りが弊害となって適切かつ十分な対応が取れない可能性があるのです。

手続きが官僚的、病床数はわずか92
国内対策での問題点

 しかし、それ以上に問題が多いのは後者の国内対策です。国内対策の根拠法は感染症法、対応する主体も国ではなく地方自治体となりますが、その実態を見ると、水際対策以上に脆弱です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧