ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

石油高騰でも増益!
信越化学「ひとり勝ち」の理由

週刊ダイヤモンド編集部
2008年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー

 化学業界は、ナフサ価格が一時、1キロリットル当たり9万3000円台(国産標準ナフサ換算)に達したことで、「通期の業績見直しが必要になるかもしれない」(化学メーカー関係者)事態となった。現在は原油価格の下落とともに、8万円台半ばまで下がりひと息ついているが、依然として高値水準にある。「再度上昇するのか、不透明感が増している」(化学メーカー関係者)と戦々恐々だ。

 各社はユーザーに対して、値上げ要請に加え、ナフサ価格に連動して製品価格を修正する“フォーミュラ取引”においても、価格見直し頻度を増やすよう交渉するなど、タイムリーに価格転嫁ができる体制づくりを急いでいる。

 それでも、ダメージは完全には回避できない。化学メーカーの今期予想の多くは、増収減益、よくても微増益である。

 だが、信越化学工業だけは、第1四半期は前年同期比で減収増益、同業他社と正反対の結果になった。減収の大きな要因となったのは三菱化学のエチレンプラント事故。原料不足で日本での塩化ビニルの生産が減った。

 そのアクシデント以外は「すべての事業が好調だった」(信越化学)。なかでも、米国景気の後退で懸念されていた米国子会社シンテックは、製品を輸出に振り向け、南米を中心に世界中に売りまくって、フル操業を維持した。

 北米事業の営業利益率は12%と高水準だ。秘密は原料にある。じつはシンテックが作る塩ビは石油由来ではなく、天然ガス由来の原料がベース。石油が上がれば製品価格が上がるが、天然ガス由来の原料価格は抑えられ、利幅が広がる構造になっている。

 さらに、新たに建設したシンテックの第3工場も商業生産を開始。金川千尋社長が「作ったものは全部売る」と宣言しているだけに、増収も加わって、信越化学のひとり勝ちはまだまだ続きそうだ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 佐藤寛久)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧