ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

政権交代で投資家は儲けられるか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第95回】 2009年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 予想されていたこととはいえ、民主党の大勝、自民党の惨敗で、政権が交代した。新聞各紙の「民主党300議席を超す勢い」という1週間前の調査はよく当たった。各紙の調査はいずれも乱数発生させた番号に電話する方式で、有効回答数は数万から十数万程度だ。これだけ当たると、投資家として羨ましい気持ちになるが、考えてみると、株式市場は毎日世論調査をやっているようなものであり、1週間後の株価のベストの予測は、ほぼ今日の株価なのだ。

 総選挙翌日の株式市場は、朝は日経平均で200円ほど高かったが、その後、円高や中国株の下落などで値を消し、41円安で終わった。地味な反応だったが、これまでに民主党優勢が伝えられるなかでも株価が堅調だったことを考えると、株式市場は少なくとも政権交代を悪くは見ていないようだ。

 この日の朝、もちろん市場が開く前に、大手証券は選挙結果に対する投資のうえでの評価とその結果どういった業種あるいは銘柄が、有利または不利になるのかをまとめたレポートをメールで配信した。

 ある大手証券のレポートを読んだが、株式市場全般に対しては、子育て支援などの民主党の家計支援が内需拡大に結び付くことと、長期的には少子化対策になり潜在成長率にプラスに働きそうだということから、株価への影響をプラスと見ていた。選挙結果は十分予想されていて「織り込み済み」なので「短期的な影響は限定的」という注釈付きだったが、この分析には筆者としても違和感がない。ただ、主な論理展開のなかで、内需の成長や生産性の上昇に対して「多くの外国人投資家が日本経済に求める」という言葉が付いていたのが印象的だった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧