ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

官庁・オフィス街にたたずむ、これぞ正統派居酒屋 升本(虎ノ門)

浜田信郎
【第13回】 2008年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 虎ノ門の大衆酒場「升本」。住所を頼りに向かった先に、ドーンと現れた大きなビルは「ここは本当に大衆酒場なの?」とたじろぐほどの立派な外観です。

 ウィ~~ンと入口の自動ドアを開けて店内に入ると、教室のように広いフロア内を元気よく飛び回っているおねえさんのひとりが、「いらっしゃいませ。おひとりさま? こちらへどうぞ」と、ずらりと並ぶテーブル席のひとつに案内してくれます。

 「お飲み物は、何にいたしましょう?」とおねえさん。

 「お酒の温かいのをください」

 特に銘柄を指定しないで日本酒を注文すると、オリジナルブランドの「虎ノ門」(280円)が出されるようです。

 厨房との間にある壁のところに、ずらりと並んだ品々は、いずれも呑ん兵衛好みのする居酒屋メニューばかり。値段も250円からはじまって、高くても650円ほど。その中から、山陰地方特産のトビウオの竹輪、「あごちくわ」(380円)を注文します。こういう練り物をチビチビと齧りながら、いただく燗酒がまたうまいんですよねぇ。

 あごちくわで1杯目の「虎ノ門」を飲み終え、2杯目として、もうひとつのオリジナルブランド酒「霞ヶ関」(350円)をもらい、料理のほうは、先ほどからじっくりとメニューを観察していて、もっとも心を引かれた、かき鍋(600円)を注文します。ひとり用の鍋物があるというのも、正しい大衆酒場の証(あかし)ですよね!

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浜田信郎

1959年、愛媛県生まれ。造船会社で働く設計士。サラリーマンの傍ら、名店酒場を飲み歩く。その成果を綴ったブログ「居酒屋礼賛」は、呑んべいに大人気。著書に『酒場百選』(ちくま文庫)がある。


1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

うまい肴でぐいっと呑んでも、2000円出せばお釣りがくる。そんな毎日通いたくなる居酒屋を紹介。これを読んだら、すぐ呑みに行こう!

「1000円台で楽しむ おとなの居酒屋」

⇒バックナンバー一覧