ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

コピー機のマナーは、後ろで待っている人に気づくこと。

~ 大人のマナー No.005 ~

中谷彰宏 [作家]
【第23回】 2008年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第3弾は「大人のマナー」です。マナーには2通りあって、おじぎの角度やタクシーに乗る順番など、新人研修で習うマナーは「守りのマナー」と言えます。しかし、実践で役立つのは臨機応変に対応しなければならない「攻めのマナー」の方です。今回から、一般的には紹介されることの少ない「攻めのマナー」を伝授していきたいと思います。

コピー機のマナーは、
後ろで待っている人に気づくこと。

 お茶くみとコピーとりは、新人の大切な仕事です。それこそ木下藤吉郎の草履取りのような仕事です。一番基本的で、誰もがあまりやりたがりません。そんな仕事からは、早く脱出したいと思っています。

 でも、コピーをとるプロセスの中で、その人がどれぐらい仕事ができるか、気配りができるかがわかるのです。

 仕事にマナーがあるように、雑用にこそマナーがあります。お茶くみにはお茶くみ、コピーとりにはコピーとり、電話取り次ぎには電話取り次ぎのマナーがあるのです。

 マナーがあるということは、それだけ深みがあるということです。

 コピーとりは、一見、無味乾燥な仕事です。やるほうも「もっとクリエイティブにやろう」とは考えずに、つい無味乾燥なモードに入っていきます。
 
 たとえば、本のページを大量にコピーする時は、自動挿入ができないので時間がかかります。1枚1枚ページをめくってコピーをとらなければなりません。1冊買ったほうが早いぐらいです。

 自分が1台のコピー機を独占していると、急ぎでコピーをとりたい人が後ろで待っています。その時に「時間がかかるので、お先にどうぞ」と言えるかどうかです。

 自分の仕事は遅くなります。でも、自分が全体に迷惑をかけていることに気づくことが、コピーをとる時の大切なマナーです。

 つい自分の仕事に夢中になって、早く終わらせたいと思いがちです。 でも、そうすると、あとから来る人は、たとえ1枚のコピーでも、大量のコピーをとっている人の後ろに並ぶことになります。自分が大渋滞を引き起こしている原因になっているのです。

 自分自身は「こんなつらい仕事を上司に任されているから、仕方がない」
と思い込んでいます。そういう時に、ついついマナー違反になりがちなのです。

【大人のマナーその5】コピーを、ほかの人の迷惑にならないようにとろう。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧