ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

Dropbox CEO ドリュー・ヒューストン 
ユーザー数は3億人突破
日本のビジネス市場に大きな期待

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

クラウドでのファイル保存・共有サービスを提供するドロップボックス。2007年の創業後全世界でユーザー数を伸ばし、ビジネス向けに採用する企業も増えてきている。日本事業の拡大を狙うヒューストンCEOに、事業の状況を聞いた。

──現在の「Dropbox(ドロップボックス)」のビジネスの状況は?

ドリュー・ヒューストン(Drew Houston)/1983年、米マサチューセッツ州アクトン生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)を卒業後、 USBドライブを常に持ち歩いたり、データファイルを自分宛てにメール送信したりすることに嫌気が差し、2007年の初めにMIT時代の友人アラシュ・フェルドーシと共に、後にDropboxとなるプロジェクトを開始。2012年には「Fortune」誌の「40 Under 40(40歳以下のビジネス界のトップスター40人)」にもリストアップされた。
Photo by Jun Takai

 世界で3億人のユーザーを有し、過去1年半でユーザー数は200%伸びました。そのうち400万人が業務で「ドロップボックス」を使い、うち97%はフォーチュン500にリストされている大企業です。また、ユーザーの70%は米国以外です。

 社員は現在約800人。米国外でもダブリン、ロンドン、パリ、オーストラリアに支社があります。東京でもこの9月に事務所をオープンしました。

 事業の成長は、多くの人が複数のデバイスを持つようになり、それぞれで作成したファイルや写真データなどを共有することが必要になっているためです、メール添付や(シトリックス社の)「シェアファイル」などの他のファイル共有サービスよりも使い勝手が良く、支持を広げています。

 ドロップボックスには大きく分けて3つのサービス形態があります。

 無料のサービスで、友人を紹介することで2GBから15GBまで容量を増やせる「ベーシック」、年に99ドルで1TBまで容量が増やせ、より高いパスワード保護などのサービスが受けられる「プロ」、そして1年半前にリリースした「ビジネスドロップボックス」です。

 「ビジネスドロップボックス」は、より高いセキュリティ機能や管理者権限をもっていて、共同作業がしやすい環境を提供するものです。ユーザー数はすでに8万件に達しています。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧