タイ 2014年11月18日

なぜ、50年以上経った今も、タイでこの商品が愛されているのかタイ国  ロングセラー調査室【第1回】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、タイ国内で長く愛用されているロングセラー商品を調査・分析。愛されている理由を考えます。

 消えゆくものもあれば長く親しまれ続けるものもある。その違いはどこからくるのか――。
 商品が作られた当時、50年も使われ続けることを考えて開発された?……とは思えない。
 バージョンアップやマイナーチェンジを前提に世に出されたものでも、古いバージョンを良しとするものもある。

 某広告代理店の社長から飛行機の中で聞いた話。インスタントラーメンの新商品を世に出すとき、その食品会社では数種類のサンプルを大勢の人に試食してもらい、その結果、2番目に評価の高かったものを市場に投入するそう。

 詩人の吉野弘さんの「祝婚歌」という詩の一節。
「二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい」

 ロングセラー商品とは機知と機微を媒介するものかもしれない。じゃ、ま、目についたものを手当たり次第に調べてみようかい。

 というわけで、今回から3回にわたって、タイで今も定番としてロングセラーを続ける商品の秘密を考えます。

かき氷器<製造開始年:大正15年(1925年)頃>

現在の価格350バーツ(約1220円)【撮影/『DACO』 編集部】

 文献によるとラマ4世時代(西暦1851~68年)に、氷はシンガポールからタイに船で輸入されており、王族だけが使用を許されていたそうだ。ラマ5世時代の1905年、バンコクのジャルンクルン通りにルート・セータブット氏がタイ国内初の製氷工場(ナムケン・サヤーム社)を建設。1925年頃には人々はかき氷器で削った氷を棒状に固めアイスバーとして食べていたそう。暑い国で手軽に涼をとれるかき氷は、小さな子どもから当時の権力者の心まで掴んだという。今も中華街や地方の食堂、露天などで活躍している。

竜王印のマッチ<製造開始年:昭和5年(1930年)>

現在の価格8バーツ(約28円)。写真のバージョンは創立80周年記念として「80」の数字がデザインに加わったもの【撮影/『DACO』 編集部】

 ラマ3世時代初頭の1827年にイギリス人化学者ジョン・ウォーカーが発明したマッチは、ラマ4世時代末に宣教師達によって初めてタイにもたらされた(スウェーデン製)。輸入が始まったのはラマ5世時代(1868~1910年)から。主にスウェーデン製と日本製で、パッケージデザインの豊富な日本製は収集家に好まれた。

 ラマ7世時代(1925~35年)に日本からの輸入量が減少したため国内生産が始まる。現在も国内で最も認知度の高い竜王印(旧サイアム・マッチ・ファクトリー社、現GIFタイ・マッチ社)のマッチ製造が始まったのは1930年。以来、ムエタイ選手印、銃印など様々なブランド名で国内向けに製造している。そのデザインは製造が開始された80年前から変わっていない。

龍模様の瓶<製造開始年:昭和8年(1933年)>

現在の価格250~750バーツ(約880~2600円)【撮影/『DACO』 編集】

 生活用水としての雨水を溜めるための水瓶。1933年に中国人がラーチャブリー県の小さな工場で生産を始める。経営は軌道に乗り、県内各地に工場が建設された。ラーチャブリー県にこだわった理由は、中国のものと近い良質の赤土(ラテライト)が採れること。

 現在も同県内の工場オーナーや陶工は中国系であることから、瓶には中国で吉祥を意味する龍や麒麟の模様が描かれている。かつて模様を描くカオリン(天然粘土)は中国から取り寄せていたが、現在は東部チャンタブリー県と南部スラーターニー県のものを使用している。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。