ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

リクルートホールディングス社長兼CEO 峰岸真澄 
買収戦略で人材業界世界一を目指す

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

10月16日に東証1部に上場後、株価は高値で推移し、時価総額は2兆円を超えた。峰岸真澄社長に上場後の“本音”を聞いた。

――上場後の周囲の反応に対して、どのように感じていますか。

みねぎし・ますみ/1987年リクルート入社。92年、結婚情報誌「ゼクシィ」立ち上げメンバーとなり、その後2002年、ゼクシィ事業部長に就任。03年執行役員、04年常務執行役員、09年取締役常務、11年取締役専務を経て12年4月から現職 Photo by Toshiaki Usami

 メディアからはよく、「起業家精神が失われるんじゃないか」と聞かれますが、上場とそれがどう関連するのか、逆にこっちが聞きたい(苦笑)。起業家精神が強みなんだから、失ったら元も子もないわけです。

 新規事業コンテストには年間500件の応募がありますし、その中から、大学受験サポートの会員制サイト「受験サプリ」のようなヒット事業も生まれている。また、このチームのリーダーだった社員は事業会社の執行役員になっているように、若手でも力があればポジションは上がる。そういう組織の躍動感は全く変わっていません。

――持ち株を売って退社する社員が増えてないですか。

 上場前後で退職率に変化はありません。もともとリクルートは退職を“卒業”と言うような「個を尊重する」文化です。事業を生み出すのが好きな人が集まっていて、会社が“強い個人”に対して仕事をする場を提供できるか、あるいは“強い個人”が会社を辞めて自分で場を作るか、対等な関係なんです。そこは組織として常に緊張感を持ってやっています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧