ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

金融緩和の継続で高成長維持
中国でも「おひとり様」ブーム

2009年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 11月上旬に出張で上海に行った。内需関連では強気の企業が増えている。繊維関係の機械を製造している企業は、受注が来年半ばまでいっぱいだという。景気刺激策と金融緩和の効果が続いている。

 来年も中国政府は、財政・金融政策による刺激策を基本的に継続しながら、8%以上の成長を実現させるだろう。税収が増えているため、中央政府にはまだ余力がある。

 中国人民銀行が緩和策からの出口政策を開始する時期は、先進国よりは早いはずだが、当面は緩和姿勢を維持すると思われる。

 海外からは、安過ぎる人民元レートに批判が出ている。そういった批判を和らげるための、ガス抜き程度の人民元の調整はありうる。11月11日に人民銀行が発表した第3四半期の金融政策報告書には、人民元レートの切り上げをにおわせる文章が挿入されていた。

 ただし、人民銀行は現在、アグレッシブなタカ派になっているわけではない。前回の報告書に書かれていた、金融緩和の度合いをファインチューニングするという文章は今回削除された。

 その表現は前回、株価を急落させた。人民銀行は引き締め方向の印象が出過ぎないように、配慮している。

 また、商務部(日本の経済産業省に相当)は人民元の切り上げに反対しているといううわさが上海市場では聞こえる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧