アラブ 2014年11月20日

教えて! 尚子先生
第二次世界大戦後、なぜイスラエルが建国されたのですか?<前編>【中東・イスラム初級講座・第16回】

チュニジア、エジプト、リビアと革命が続く中東。今でも毎日のように、テロや紛争のニュース が絶えません。なぜ中東では革命や政変がこんなに起こるのでしょうか。今回から2回にわけて、ユダヤ人がイスラエル建国にいたるまでの歴史的背景に迫ります。

 イスラエルという国は世界に離散していたユダヤ人が帰還して安全に暮らすために、1948年に建設された国家です。では、なぜユダヤ人はイスラエルの地を追われて1800年以上も経過してから、国家を建設することになったのでしょうか?

 今回と次回の2回に分けて、ユダヤ人が国家を建設しようとする経緯、シオニズムと呼ばれる国家建設運動が生まれるまでの背景と、シオニズムが生まれてから建国までの歴史的経緯について説明してみたいと思います。

ユダヤ人とは誰か?

 ユダヤ人が国家を失ったのは西暦70年で、ローマ帝国によって滅ぼされました。135年には、ローマ帝国に対して反乱を企てたとして、ユダヤ人はエルサレムから追放されてしまいます。つまり、135年から1948年までユダヤの人々は国家建設をすることができず、各国に離散して住んでいたことになります。

 では、そもそもユダヤ人とは、いったいどのような人々なのでしょうか? イスラエルの帰還法(イスラエルが国籍を認可するための法律)によれば「ユダヤ人を母に持つ者、ユダヤ教を信奉した者、もしくは改宗を認められた者」とされています。けれども、一般的には、父がユダヤ人で母が他民族の場合でも、子どもはユダヤ人として扱われることが多いようです。

 ユダヤ人の定義となっているユダヤ教とは、ヤハウェを神とする一神教です。キリスト教、イスラム教という他の三大宗教と同様に、旧約聖書を聖典とみなしていますが、独自のタルムードという聖典もあります。キリスト教では牧師や神父が教会を取り仕切っているように、ユダヤ教ではラビとよばれる聖職者が、シナゴーグ(礼拝施設)を取りしきっています。

現存するヨーロッパ最古のシナゴーグといわれる「新旧シナゴーグ」=プラハ【撮影/AIC】

 特徴としては、ユダヤの民だけが唯一神に選ばれた民であるという選民思想を有し、独自の暦や安息日(休日)、割礼といった固有の行動規範があります。他の宗教の者が改宗する場合は、この行動規範を尊守したうえで、ラビの許可が必要となるため、かなり困難だといわれています。

 こうしたユダヤ人と呼ばれる人々は2010年には、世界全体で1358 万人、そのうちの570.4万人(約42%)がイスラエルに居住しています。次に多いのはアメリカの527.5万人(39%)、フランス48.4万人(4%)、カナダ37.5万人(3%)となっています。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。