ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

日本興亜の経営陣への不満続出
損保ジャパンとの統合は白紙も

週刊ダイヤモンド編集部
2009年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大手損保の日本興亜損害保険で、経営陣に対する不満が、社内外から続出している。同社は火消しに躍起だが、鳴りやむどころか、さらに拡大している。来春には損保ジャパンとの経営統合を予定しているが、年末の臨時株主総会が紛糾するのは必至だ。両社の統合計画は水泡に帰す可能性が高まっている。

 「損保ジャパンとの経営統合に反対します」

 4月中旬、日本興亜損害保険の兵頭誠社長宛てに送られた一通の文書が、社内に大きな衝撃を巻き起こしている。

 冒頭のタイトルで始まる文書(左写真)は、A4用紙3枚にわたり、統合に反対する6つの理由が書かれてある。文中には、「この経営統合計画で、得をするのは、損保ジャパンであり、日本興亜損保は大損する内容」「兵頭社長就任以来、気骨のある社員を急激に排除し、ものを言えない雰囲気に追い込んでいる」「(兵頭社長が統合を決めたのは)自分のポスト確保の観点から受け入れたもの」など、手厳しい言葉も並ぶ。

 だが、この文書が衝撃を呼んだ理由は、その内容にあるのではない。文末に書かれた送り主の名前にあった。

 「北澤新、松澤建、小松敏行、下井健守」

 4人は皆、日本興亜のかつての重鎮たちである。北澤新氏は旧日本火災海上の元副社長、小松敏行氏と下井健守氏は共に日本興亜で副社長を務めた。

 そして、松澤建氏(現在は青山学院理事長)は、日本興亜の前社長であり、兵頭氏を社長に指名した張本人だ。旧日本火災と旧興亜火災海上の合併の立役者であり、その指導力やカリスマ性から、社内外での人気は今も高い。

 松澤氏は昨年6月に会長を退任後、日本興亜の本社にはいっさい姿を見せず、沈黙を貫いてきた。だが、社内外からの不満が噴出するなか、自らが矢面に立つ決断をしたと見られる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧