ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

シェフラー副CEO兼最高技術責任者(CTO) ペーター・グッツマー
ホンダ・フィットの開発は挑戦
日系メーカーとの協業を増やす

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

5度目のリコールを出したホンダ「フィットハイブリッド」。その基幹部品を共同開発する独自動車部品大手のCTOに、日系メーカーとの協業の在り方を聞いた。

Photo by Mitsufumi Ikeda

──日系メーカー向けの売り上げを、1割から3割に引き上げることを目指している。

 われわれは既にマツダに対して、新世代クリーンディーゼルエンジンの部品を、また富士重工業やジヤトコには無段階変速機を納入している。日系メーカーとの取引実績をさらに飛躍させるべく、2020年までに日本の開発人員を、現在の2倍の約500人まで拡大する。今後も日本の自動車メーカーは世界の主要プレーヤーであり続けるし、重要な意思決定がなされている場所に、われわれも重要拠点を構えなければならない。

──共同開発したトランスミッションが採用されているホンダ「フィットハイブリッド」では先月、5度目のリコールが出た。

 5度のリコールのうち、三つのケースについて、われわれの技術が関与している部分がある。過去の経験で想定していたリスクよりも、最終的に発生してしまった問題の方が大きかったかもしれない。

 発売後、比較的早い段階で問題が表面化したのは不幸中の幸いだが、問題の所在を認識し、オープンな形でホンダと共に早期解決に取り組むことが重要だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧