ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

過去の日本株回復局面が示唆
上昇局面終了のメドは来年春

2009年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 出遅れが目立つ日本株だが、現在はまだ3月に始まった回復局面の途中と考えている。上昇がいつまで続くか検討するに当たって、参考にバブル崩壊後の日本株回復局面について調べてみた。

 バブル崩壊後の中期的な回復局面は4回ある。

 1回目は1992年8月~93年9月、2回目は95年6月~96年6月、3回目は98年10月~2000年2月、4回目は03年3月~04年4月(このときは最終的に07年7月まで上昇)、今回は5回目だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧