ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

ビッグデータについての
ビッグな勘違い(1)

安間 裕 [アバナード株式会社 代表取締役]
【第9回】 2014年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ビッグデータの定義には
諸説がある

 こんにちは。今回は、巷を賑わして止まない「バズワード(流行語)」のひとつ、「ビッグデータ」について書いてみようと思います。

 みなさん、ビッグデータとは、何だと思いますか?

 過去のバズワードに、「データ・ウエアハウス」というものがありました。「将来考えうる、様々な分析のために、各種のデータを集積しておく」という概念です。

 ビッグデータは、一般的な(なんとなくの)定義では、データ・ウエアハウスと異なり、これまでのツールでは格納しきれないぐらいの膨大なデータを、分析のために集積しておくことを呼称しているのではないかと思います。

 IDCジャパンの定義によると、もっと具体的で、「ビッグデータとは、データサイズが100TB(テラバイト)以上、またはストリーミングデータ(動画など)を利用していること、または年率60%以上の成長率で生成されるデータであること」のいずれかの条件を満たしたアナリティクス(分析系業務システム)」を呼ぶのだそうです。

 また米国のウェブサイト、Baselineの2014年2月の記事によると、KPMGの調査では、10人中7人のCIOが「ビッグデータは重要である」と回答しています。

 世界中のデータのサイズは、2020年の時点で4万エキサバイト (40トリリオン・ギガバイト)に達するようです。

 私には、まったくピンと来ない大きさですが、1エキサバイトで、5万年分の長さのDVD動画を格納できるのだそうです。4万エキサバイトだと、40億人が、半年間夜も寝ないでDVDを見続けることができる量ということになります。それでもピンときませんが…。

 この流行が、いかに最近のできごとかというと、同記事いわく「90%のデータがここ2年間で格納されている」のだそうです。ビッグデータのマーケットは、昨年の1兆200億円から、2017年には5兆3400億円のサイズになると報告されています。

 いずれにしろ、すごいことになっていることだけは、間違いなさそうです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

安間 裕 [アバナード株式会社 代表取締役]

団体系保険会社、外資系商社を経て、1998年にアクセンチュアに入社。その後外資系広告代理店を経て2001年に再度アクセンチュアに入社、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズの設立に携わり2002年8月に同社代表取締役社長に就任。2009年アクセンチュア執行役員アウトソーシング本部長、2010年執行役員ビジネスプロセス・アウトソーシング統括本部長を歴任。副社長としてフューチャーアーキテクトの経営に携わった後、2014年4月にアバナードに入社。1982年明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒。1959年生まれ。


ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

IT業界のフロントランナーである筆者が、日本企業の経営やビジネスの最前線で働く人々に向けておくる連載第2弾。昨今のITで起きていることを、いわゆる「Buzz Word(はやり言葉)」としてではなくビジネスの言葉で解説。客観的データを基にした冷静な分析で、今日から仕事への意識を変えられるヒントを提供する。

「ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える」

⇒バックナンバー一覧