経営 × ビジネスSNS

フリーランスは孤独では稼げない!
成功の秘訣は「協業」にあった
――プリンシプル・コンサルティング代表取締役・秋山進氏に聞く

河合起季
【第15回】 2014年11月28日
1
nextpage

会社という枠にとらわれない働き方を実践する
「インディペンデント・コントラクター」とは

あきやま・すすむ
プリンシプル・コンサルティング・グループ代表取締役。リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業からベンチャー企業、外資、財団法人など様々な団体のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などの業務に従事。京都大学卒。国際大学GLOCOM客員研究員。麹町アカデミア学頭。著書に『「一体感」が会社を潰す』(PHP)などがある。ダイヤモンド・オンラインで連載中の「組織の病気~成長を止める真犯人」は毎回大きな反響を呼んでいる。
Photo by Toshiaki Usami

 会社員時代に身につけた高度な専門知識・スキルを生かし、複数の企業と業務単位の請負契約を結んで仕事をするフリーランスを「インディペンデント・コントラクター(IC=独立業務請負人)」という。日本ではまだあまりなじみがないが、個人のプロ志向の高まりと、企業の意識の変化で2000年以降、増加傾向にある。

 このICという新しい働き方を自らいち早く実践し、2003年にICをサポートするNPO法人「インディペンデント・コントラクター協会」を立ち上げたのが、秋山進氏(プリンシプル・コンサルティング・グループ代表取締役)だ。

 なぜ、秋山氏はICという働き方を提唱するようになったのか。

 「私はリクルートから独立後、経営・組織コンサルタントとして、大手企業を中心に数多くの会社の内側を見てきました。そこで思うのは、日本の会社組織は社会環境の変化に対応できず、長年の弊害が生じているのではないかということです。会社というのは本来、社員が協働して新しい価値を生み出す場所だったはず。なのに、いつの間にか、組織を維持することだけが重要視され、そこから逃れられなくなっているように思います」

 一般に日本の企業は、組織という“カタチ”を重んじるあまり、専門職よりもマネジメント職のほうが出世しやすい傾向がある。プロフェッショナルとしてワザを磨いていきたいという人材は、組織に組み込まれて出世を追求する人材よりも低く見られがちだ。

 「こうした会社組織のあり方に、高い能力を持つプロフェッショナル志向の人が満足しているとは到底思えない。自分の仕事を極めることで、会社の枠にとらわれず、活躍の場をもっと広げていきたいと考える人は少なくないでしょう。そうした志向をそのまま実践した働き方がICなんです」

1
nextpage

理論から実践まで「働き方改革」への挑戦

業務効率化、子育て・介護の支援、チームワーク、コスト削減、災害対策など、多岐にわたる働き方の課題を、専門家へのインタビューや企業の現場取材で明らかにする。

「ビジネスSNS」のメリットをわかりやすく解説

いつでもどこでもスピーディに情報を共有し、ビジネスを前に進める。ビジネスSNSの活用でワークライフバランスも改善。活用イメージと実際の操作手順をYoutube動画で解説。

[ Works Mobile導入事例 ]
株式会社IDOM
(旧・ガリバーインターナショナル)

[ Works Mobile導入事例 ]
コネクシオ株式会社

ビジネス版LINE 「Works Mobile」で新しい働きかた編

ビジネス版LINE 「Works Mobile」でシャドーIT対策


「働き方」という経営問題―The Future of Work―

人口減少による働き手の不足と経済・社会のグローバル化が、企業経営を取りまく大問題となっている。そのなかで、企業が競争優位性を築くためのキーワードとして浮上しているのが「ワークスタイル変革」だ。識者への取材や企業事例の紹介を通じて、すべての企業と働く人に問われている「働き方」の課題を明らかにしていく。

「「働き方」という経営問題―The Future of Work―」

⇒バックナンバー一覧