ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
叱って伸ばせるリーダーの心得
【第3回】 2014年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
中嶋郁雄

”あの人は、私のために叱ってくれたんだ”
部下に感謝される「叱りの極意」とは?

1
nextpage

「言い過ぎたかもしれない」「叱るんじゃなかった……」。部下を叱った後、こんな後悔をしたことはありませんか?でも大丈夫です。本当に大事なのは、「叱った後の接し方」だからです。具体的な方法を見ていきましょう。

叱られた後、
部下はこんな心配をしている

 本日のテーマは「叱った後の接し方」です。これは、「どのように叱るか」と同じくらい大切なポイントなのです。ひと通り叱って、反省を促すことができたと感じたら、あとは何事もなかったかのように、相手と接することを心がけましょう。

 「叱っているとき」と「叱った後」とでは、まったく別の人格に切り換える。これぐらいのイメージを持ってください。しかし簡単なようで、これがなかなかできません。信頼されるリーダーの必須スキルと言えるでしょう。

 いつまでも叱ったことを引きずって、不機嫌な顔で接したり、避けるような態度をとったりすると、部下は次のように感じてしまいます。

「まだ怒っているんじゃないか?」
「嫌われてしまったのではないか?」
「ダメなヤツと見限られてしまったのではないか?」


 このように疑心暗鬼を生じ、あなたの顔色ばかりをうかがうようになってししまうでしょう。そうなると大きな問題が生じます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


中嶋郁雄(なかしま・いくお) 

1965年、鳥取県生まれ。1989年、奈良教育大学を卒業後、小学校の教壇に立つ。 「子どもを伸ばすためには、叱りが欠かせない」という主張のもとに、「『叱り方』研究会」を 立ち上げて活動を始める。教育関係者主催の講演会、そして専門誌での発表が主な活動だったが、 噂が噂を呼び、大学や一般向けにも『心に響く叱り方』といったテーマでセミナーを行うようになる。 気づけば1000人を超えるビジネスパーソンに叱り方を伝え、新聞にも「叱り」について意見を求められるようになる。 全国各地での講演を通して、「嫌われたくないという思いから叱れない上司」と 「成長実感を求め、間違いがあればしっかり指摘してほしいと望む部下」の存在を知る。 本書執筆のきっかけは、この溝を少しでも埋めること。モットーは「叱りは愛! 自信を持って叱りましょう!」。


叱って伸ばせるリーダーの心得

本当は「みんな」、叱られたい。伝説のセミナーがついに書籍化!
叱りとは、人を育てる最強のコミュニケーションツールである。
部下に嫌われたくないという自己保身から、大切なことを教えきれていない。
そんなリーダーが部下を弱くしている。「成長してほしい」。
リーダーの親心がしっかり伝わる叱りの技術とは? 
 

「叱って伸ばせるリーダーの心得」

⇒バックナンバー一覧