ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
失敗に学ぶ相続対策byダイヤモンドQ

計画、準備がないままの相続対策
相続人同士が争う原因に

「ダイヤモンドQ」編集部
【第1回】 2014年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2015年から相続税が増税されるため、「相続対策」をうたった書籍や雑誌、セミナーが大盛況だ。しかし、安易な対策には思わぬ落とし穴が潜んでいる。「間違いだらけの相続対策」を特集したダイヤモンドQ編集部が、失敗事例から学ぶ相続ノウハウを紹介していく。

 「早く対策をしないと、相続税が掛かってきちゃうと慌てたのがまずかったようです」

 こう話すのは東京都世田谷区に一戸建ての実家があるMさん。数年前に父親が亡くなり、現在は母親が1人で暮らしている。姉とMさんがいずれ相続する予定だが、これまでは基礎控除が7000万円(5000万円+1000万円×2人)あり、相続税は掛からない見込みだった。

 ところが今回の相続税増税で基礎控除が下がり、4200万円(3000万円+600万円×2人)となる。最近の地価上昇もあって、数百万円の相続税が掛かりそうなのだ。

 そこでMさんが考えたのは、実家を二世帯住宅に建て替え、母親と自分たち一家が一緒に住むこと。たまたま雑誌で読んだ住宅メーカーの記事に興味を持ち、軽い気持ちで相談してみたら、あれよあれよという間に話が進んでしまった。

 確かに被相続人(親)と相続人(子)が同居していれば、自宅敷地の評価額は最大8割減額される。そうすれば相続税は掛からずに済み、母も長男が近くにいて安心だ。時間もないし、取りあえず全体のプランをまとめ、それから姉に相談しようとMさんは考えていた。

 しかし、母親から話を聞いた姉から猛クレームが入った。Mさんとしては姉には現預金を渡し、不足する分は生命保険などを利用すればと考えていたが、とにかく白紙に戻せの一点張り。姉弟の先行きに暗雲が立ち込めている。

次のページ>> 生兵法はケガのもと
1
nextpage

「相続」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
相続、老人ホーム選びから、資産運用まで、
人生の重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

創刊準備2号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ創刊準備2号

第1特集「超円安・株高に乗れ!マネー運用完全マニュアル」
投資信託から不動産、太陽光発電投資まで、投資ノウハウを伝授

第2特集「間違いだらけの相続対策!」
多くの失敗事例をベースに、相続のイロハを分かりやすく解説

第3特集「人生を豊かにする本と映画ベスト70」
小泉武夫、山田あかね、上野千鶴子、島田雅彦が推薦!

連載対談 櫻井よしこ&百田尚樹
「何のために書くのか。なぜ戦うのか。日本人とは何か(後篇)
日本の素晴らしさを次代に継承していくため、時にはきついことも言わなければいけない

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


失敗に学ぶ相続対策byダイヤモンドQ

2015年から相続税が増税されるため、「相続対策」をうたった書籍や雑誌、セミナーが大盛況だ。しかし、安易な対策には思わぬ落とし穴が潜んでいる。遺言、相続時精算課税制度、子ども名義の預金、二世帯住宅などを活用する際に陥りがちな失敗ケースを題材にして、相続の鉄則を学んでいく。

「失敗に学ぶ相続対策byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧