ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

元内科医が抗ガン剤の新物質開発
世界の先頭を走る創薬ベンチャー
キャンバス社長 河邊拓己

週刊ダイヤモンド編集部
【第93回】 2009年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
河邊拓己
キャンバス社長 河邊拓己(撮影:宇佐見利明)

 「ガンを治したい」

 キャンバス社長の河邊拓己が医学の道を志したのは、高校時代に先輩の日記を読んだのがきっかけだった。

 その先輩は高校時代に骨肉腫になり、闘病しながら東京大学に進学したが若くして亡くなった。彼の苦悩を綴った日記に心を揺さぶられたのだ。

 獣医や原子物理学者に関心があったが、先輩の死を通じてガンと闘うことを決意した。

 目標どおり、京都大学医学部に進み、内科医となった河邊だったが、現実には無力感と焦燥感を味わう日々を送っていた。

 というのも、乱暴な言い方をすれば、内科医の仕事は患者にガンの宣告をしてしまうと、それでおしまい。外科手術も化学療法も内科医の仕事ではない。

 しかも河邊が内科医だった1980年代半ばからガン研究は飛躍的に進歩し、そのほとんどが実現することはなかったが、新聞には「ガンに夢の新薬」の文字が躍っていた。

 大学卒業時に基礎研究に進む選択肢もあったのに、「基礎研究はまじめな人がやるもの」という先入観で内科医になったことを後悔するばかりだった。

 「ガンを治したい」という自らの原点に立ち戻り、再び母校京大の大学院生として基礎研究に携わるのは、内科医になってから3年後、八六年のことである。

ガン細胞だけを攻撃する新薬候補物質を創出!
武田薬品工業と共同事業

 大学院卒業後の90年に京大ウィルス研究所、91年から米ワシントン大学留学、帰国後の96年に名古屋市立大学医学部分子医学研究所と、河邊は一貫してガン研究の道を歩み続けた。

 医学界のガン研究はさらに進歩し、ガン細胞の発生プロセスなども解明されていった。90年前後から河邊が取り組んだのが、このプロセスを利用した抗ガン剤の新物質創出である。

 そもそも細胞には、分裂時にDNA損傷を自己チェックする機能がある。DNA損傷があるまま分裂すると、細胞は多くの場合死滅するからだ。まずG1期と呼ばれるDNA複製前の段階でDNA損傷がないかをチェックする。さらにG2期では複製したDNAに損傷がないかをチェックする。

 だが、ガン細胞の多くはG1期のチェックが機能せず、G2期のチェックのみが機能している。そこで、DNAを損傷させる薬剤とG2期のチェック機能を阻害する新物質を一緒に投与すれば、正常細胞はG1期のチェック機能により大きな影響を受けないが、チェック機能を失ったガン細胞は死滅する。つまりガン細胞を狙い撃ちできる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧