ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

中国に負けない“加工のデパート”として急成長
日創プロニティ社長 石田利幸

週刊ダイヤモンド編集部
【第44回】 2008年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
日創プロニティ社長 石田利幸
日創プロニティ社長 石田利幸

 シャープが大阪府堺市に大型工場建設を予定しているが、そのクリーンルームのパネルを作っているのが日創プロニティである。このパネルは、空気中の塵や埃の数が基準値以下に抑えられるように、数々の細かい加工が必要とされる。同社はこの分野で4割のシェアを誇る。

 「シャープの担当者がうちの工場を見に来て、一発で採用を決めていった」と社長の石田利幸は言う。

 強みは工場生産力だ。福岡県嘉麻市に五つの工場を持ち、プレスに切削、研磨、切断、折り曲げ、組み立てといったあらゆる加工に対応でき、保有機械は200台に達する。同社のカタログの表紙の「加工のデパート」という言葉もうなずける。

 「25年かけてコツコツと集めてきたため、機械設備の規模は西日本一だ。素材調達からさまざまな加工までオールインでカバーし、どんなオーダーでも対応できる。この工場を見ると、8割方のお客は発注してくれる」と石田は言う。

 時には、自動車メーカーの技術者のほうから、「この機械だったらこういうこともできないか」と相談を持ちかけられることさえある。中国や韓国、台湾などからの工場視察は引きも切らない状態だ。
 売上高は現在、約20億円。昨年8月に福岡証券取引所への上場を果たした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧