ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

女に下駄を履かせて何が悪い?
安倍政権の命運を握る「カフカ女」の正体

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第126回】 2014年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、シシド・カフカのことが気になって夜も眠れない。というのは大げさだが、個人的に大ブームになっている。ネットでも、注目度・関心度がどんどんエスカレートしている気配濃厚である。

 ちなみに、グーグルで検索すると、12月5日現在で約51万件のヒット。「ダメよ~、ダメダメ」でブレイク中の日本エレキテル連合が約54万件だから、それと比べてみても、シシド・カフカ、やはり注目度急上昇中だと言えるだろうが、とはいえ、「シシド・カフカって誰? ってか、何?」という読者がほとんどだろうと思うので、簡単に紹介しておく。

 彼女は、ドラムを叩きながら歌うという珍しいスタイルのドラム・ボーカリストで、身長175センチ、9頭身という抜群のスタイルと独特のエキゾチックな美貌を備えた美女である。どこの国の人間かわからないような名前だが、両親とも日本人の純正日本人である。つまり、シシド・カフカというのは、アーティスト名。ちなみに、有名な作家であるフランツ・カフカとはまったく何の関係もない。

 これまで、フジテレビ系のバラエティ番組『新堂本兄弟』に、番組バンドのドラマーとしてレギュラー出演したり、グリコのお菓子「プリッツ」のCMに登場したりして、少しずつ話題を集めていた。

悪女たちのなかで
強烈な印象を放つ存在感

 それがこの秋、沢尻エリカ主演のドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)のシーズン2にキャスティングされ、ドラマ初登場となったのだが、その演技力が凄いと、これまたネットで話題となっている。

 このドラマ、簡単に言うとファッション雑誌やアパレルブランドを舞台に、イジワル悪女たちが足を引っ張り合うという、女たちの壮絶な戦いを描いたドラマだが、その悪女たちのなかに、大富豪の川島財閥の娘でファッション誌の編集部で働く川島レミ絵というキャラクターが登場する。

 この川島レミ絵を菜々緒が演じて、シーズン1では沢尻エリカ演じる主人公の吉成ちなみをいびり倒して、あまりのハマリ役に話題になったのだが、今回のシーズン2では、そのレミ絵の100倍強力な悪女という触れ込みで姉のナミ絵というキャラクターが登場。このナミ絵を演じるのがシシド・カフカである。

 何が凄くて話題になっているかというと、高慢ちきで威圧的な生意気女を演じさせたら当代一の菜々緒の姉役としてちゃんと成立する演技ができていることだ。

 たとえば、女たちの戦いのなかでちょっとしたミスを犯してしまった妹・レミ絵を、「妹よ。彼氏いなくて処女歴30年の妹よ」、みたいな侮蔑的なセリフを浴びせながら、どんどん壁際に追い込んでいく。あの菜々緒(妹・レミ絵)が、「お姉さま、ご勘弁を」と防戦一方に追いやられる、というようなシーンがある。その迫力が尋常ではない。

 もちろん、そういう設定だし、そのように演出されているわけだが、しかしそれでも、菜々緒さえもひれ伏すほどの怖すぎる姉の役など、並みの女優では演じきれないだろう。その迫力満点の強烈な演技が凄いと話題になっているわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧