ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

経営責任の制度化としての事業監査

上田惇生
【第71回】 2008年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
チェンジ・リーダーの条件
ダイヤモンド社刊
1800円(税別)

 「乗っ取りを招いたものは、仕事と成果について明確な定義と責任をもたないマネジメントの凡庸な仕事ぶりだった」(『チェンジ・リーダーの条件』)

 1980年代、米国の経営者は「ステークホルダー(関係当事者)のための経営」と称して、プロとしての仕事をしていなかった。そこで乗っ取りブームが起きた。

 企業の成功は、知識労働者のやる気、努力、忠誠にかかっている。だが、長年勤めた企業の乗っ取りと解体は、彼らへの裏切り以外の何物でもなかった。そこで今度は「シェアホルダー(株主)のための経営」が言われ出した。

 しかし株主の利益とは、せいぜい半年以内の株価のことである。そのような資本利得は、株主にとっても誤った目標だった。

 株式売却できない保有者にとっては、短期の資本利得は利益ではない。彼らが必要としていたものが、経営責任の制度化だった。

 まもなく今日の財務監査に似た事業監査が一般化する。3年に一度で十分だろうが、事業目的、経営戦略、マーケティング、イノベーション、生産性、人材育成、社会的責任について監査が要求されるようになる。

 「主な年金基金は、事業監査を受けない企業の株式や社債には投資しなくなる。企業のマネジメントは抵抗するだろう。だが彼らは、つい60年前も、外部の会計士による財務監査とその公表について、憤慨して抵抗していた」(『チェンジ・リーダーの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧