経営 × オフィス

アマゾン、サイバーエージェント、クックパッド
実録! やる気&業績アップを狙う「オフィス構築術」

大高志帆
【第2回】 2014年12月15日
1
nextpage

キーワードは「コミュニケーション」
やる気を引き出すオフィスの仕掛け

 社員の仕事に対するモチベーションを上げ、業績をアップさせたい。これは、いつの時代のどんな経営者にも共通する願いだろう。実際、モチベーションをコントロールするための著書やセミナーなども数多くあり、経営者に限らずビジネスパーソン共通の強い関心がうかがえる。

 社員のモチベーションや業績を上げるため、最近は特に企業活動の拠点となるオフィスの環境整備に力を入れる企業が増えてきた。1990年代までは、ほとんどの企業にとってオフィスは“作業をこなすための空間”でしかなかった。しかし、PCやネットの普及で作業自体の効率が上がり、個々のアイデアやクリエイティビティが重要視されるようになったことで、社員のやる気を引き出す仕掛けとして、オフィス環境に注目する企業が増えてきたのだ。

 では、現在行われている“オフィス環境の整備”とは、具体的にどんなものなのか。オフィス事情に詳しい人々の意見をまとめると、オフィス環境を一新することで得られる効果は主に3つあるようだ。

 1つはコーポレートカラーを使用する、オフィスの内装で“わが社らしさ”を表現する、といったことで得られるブランディング効果だ。社員にとって“自慢のオフィス”になれば、働くモチベーションを上げることにつながるし、社外からのお客様に対して自社のカラーを打ち出すこともできる。これは、リクルーティングなどにも影響する。

 2点目は、レイアウトを見直したり、クラウド化を進めたりすることで得られる業務効率の向上。社員が個人専用のデスクを持たない“フリーアドレス制度”を導入することでオフィスがコンパクトになったり、それにともなってペーパーレスが進むなど、コスト削減にもつながる。

1
nextpage

「経営×オフィス」を知る ワークスタイルで変わるオフィスとは?

  • ワークスタイルの変革とオフィスの変化
  • 創造性を育む「クリエイティブ・オフィス」の作り方
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 働き方の多様化が進むほどオフィスの役割は重要になる 新しいワークスタイルとオフィスの進化

OFFICE TOPICS 働く場所・働き方・働く人

「経営×オフィス」を見る 理想のオフィスのつくり方

 

あなたが知らない「オフィス」という経営課題

どうして業績がパッとしないのか――。そんな悩みを持つ経営者は多いだろう。それはもしかしたら、社員が働く「オフィス」に無頓着なせいかもしれない。オフィスのあり方は、社員のモチベーションと密接に関わっている。足もとでビジネス環境・働き方の変化が起こっているなか、これからのビジネスパーソンは、新しい価値の創造や質の高い成果を、ますます厳しく求められるようになっていく。それに伴い、オフィスは単に「作業をこなす」のではなく、「仕事を創造する」場となっていくべきだ。オフィスを変え、社員の能率アップを図るために、経営者や総務・人事責任者が心得るべきトレンドやポイントを、一緒に考えて行こう。

「あなたが知らない「オフィス」という経営課題」

⇒バックナンバー一覧