ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スティールも驚いた再任否決劇
今後「第二、第三のアデランス」続出か?

2008年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「いったい何が起きているのかわからなかった」

 さる5月29日、アデランスホールディングスの第39回定時株主総会に出席したある株主は、苦笑する。

 この日、関係者を仰天させる「大事件」が起きた。

 総会では、業績報告と質疑応答が終わった後、剰余金の処分、取締役9名の選任、監査役3名の選任という3議案の決議に移った。世間の多くの株主総会がそうであるように、「今年もシャンシャンで終わるはず」と経営陣は思っていたことだろう。

 しかし第2号議案の「取締役の選任決議」において、予想だにしない事態が発生した。なんと、社外取締役を除く、岡本孝善社長以下7名の再任が全て否決されたのである。要するに、これまでの主な役員全員が「クビ」を宣告されたということだ。

 そんな異常事態が起きたにもかかわらず、「アデランス側は出席者に対して、その場で詳しい説明をしようとしなかった」(同株主)という。「第1号議案は可決されました。第2号議案は否決されました。第3号議案は可決されました・・・」。このように矢継ぎ早に結果が伝えられただけで、その場はあっという間に終わった。

 「否決された第2号議案って、何だっけ?」「結局、第2号議案は可決されたの?」

 総会終了後に、内容を確認し合う出席者の姿も見えたという。

 この株主は、その後のアデランスの発表を聞いて、初めて「取締役再任否決」という事態の深刻さを認識した。しかしそれは、賛成票と反対票の割合さえ公表されない「申し訳程度」の発表に過ぎなかった。

 「企業にとって都合が悪い事実は、総会の出席者にさえロクに説明しないのか」──開いた口が塞がらないのも無理はない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧