ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

ベンチャーの成功は予期せぬ顧客が現れたとき

上田惇生
【第66回】 2008年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
イノベーションと起業家精神
ダイヤモンド社刊
2000円(税別)

 「ベンチャーに取り組むのであれば、製品やサービスの意味を決めるのは顧客であって自分ではないことを思い起こす仕組みをつくらなければならない」(『イノベーションと起業家精神』)

 ベンチャーにはアイディアがある。製品やサービスがある。コストは確かにある。そして収入があり、利益がある。だが、失敗するベンチャーには事業がない。

 ドラッカーは、事業とは顧客の創造だという。予期せぬ市場を利用するよう、自らを組織しておかなければならない。市場志向、市場中心でなければ、競争相手のために働いただけに終わる。

 予期せぬ市場からの予期せぬ反応が、本物か好奇心にすぎないかを見分けるのに、さしたるコストはかからない。わずかの感受性と作業が必要なだけである。外へ出て、見ればよい。市場に出て、顧客やセールスマンと時を過ごせばよい。

 最大の危険は、製品やサービスが何であり、いかに買われ、何のために使われるかについて、顧客以上に知っていると思い込むことである。

 いかにアイディアがすばらしくとも、いかに資金を集めようとも、いかに製品が優れていようとも、客が現れなければ話にならない。

 「ベンチャーが成功するのは、多くの場合、予想もしなかった市場で、予想もしなかった顧客が、予想もしなかった製品やサービスを、予想もしなかった目的のために買ってくれるときである」(『イノベーションと起業家精神』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧