橘玲の世界投資見聞録 2014年12月18日

イスラーム圏でもっとも親欧米の国・コソボの終わりなき憎悪
[橘玲の世界投資見聞録]

 今回は、今年の旅でもっとも印象に残った場所を紹介したい。

 下の写真はどこにでもあるヨーロッパの田舎町といった風情だが、ここはコソボの首都プリシュティナだ。

 コソボは旧ユーゴスラビアの自治州で、セルビア人とアルバニア人の民族対立が絶えなかった。それがユーゴスラビア解体にともなって噴き出して、1998年からアルバニア系のコソボ解放軍(KIA)とユーゴスラビア軍(セルビア軍)との凄惨な内戦が始まった。

 コソボ紛争はNATO(北大西洋条約機構)によるベオグラード空爆でユーゴスラビア軍が撤退を余儀なくされたことで終結した。紛争と空爆は世界じゅうのメディアで報じられたため、コソボはいまでも紛争地のように扱われているが、実際は旅行者でも気軽に訪れることができる。私はマケドニアの首都スコピエから向かったが、バスターミナルでチケットを買いプリシュティナ行きの小型バスに乗り込むだけだ(所要約2時間)。国境での検問もバスの運転手が乗客のパスポートを集めて審査官に持っていくだけで、実にかんたんなものだった。

コソボの首都プリシュティナの歩行者天国

 

コソボは国際社会の正式なメンバーとなっていない

 最初に断っておかなくてはならないのはコソボの呼称だ。ユーゴスラビア時代、ここは「コソボ・メトヒア自治州」と呼ばれていた。コソボはアルバニア人居住地区で、メトヒアは西部にあるセルビア人居住地区のことだ。ところがアルバニア人の独立運動が激しくなると、それを抑えるために自治権が拡大され、名称も「コソボ社会主義自治州(コソボ自治州)」に変わった。

 コソボ紛争終結後も米国とEUはコソボの独立までは考えておらず、あくまでもセルビア領に属する「自治州」と位置づけていたが、2007年11月の選挙でセルビアからの即時独立を主張するコソボ民主党が第一党になり、翌年2月に「コソボ共和国」の独立が宣言された。この独立宣言は米国やイギリス、フランス、ドイツなどによって追認されたものの、EU内部でもスペインやギリシアなど国内に民族問題を抱える国々が慎重姿勢を見せたため機関承認には至らず、国連では安保委常任理事国のロシアと中国が独立に反対している。

 「コソボ共和国」は日本も承認しているからその意味では「国」と見なすべきかもしれないが、国連に加入せずEUにも承認されていないので国際社会の正式なメンバーとはいえない。そのため、「国家」でも「自治州」でもない「コソボ」という名称を使うことにする。

 コソボ問題がやっかいなのは、それが民族紛争であると同時に宗教対立でもあることだ。

 コソボはもともとセルビア民族発祥の地とされており、村ごとにセルビア正教の教会が建つ古都だった。それがオスマン帝国の支配下に置かれたのち、17世紀後半からアルバニア人の入植が進み、出生率の違いからユーゴスラビア建国時の人口構成はアルバニア人が多数派になっていた。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。