ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第12回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson12「正しいスウィングできていますか?」

フォロースルーで“ビュン”と音が鳴りますか?

北野正之 [ティーチングプロ]
【第12回】 2008年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 正しいスウィングができているかどうかは、素振りでのクラブの「クラブが風を切る音」でチェックすることができます。

 第1のチェックポイントは、音が鳴るポジションです。

 切り返しからダウンスウィングの部分で力を入れていくと、インパクト「前」に音がしてしまいます。これはアマチュアに多く見られる症状ですが、こうなるとボールが当たる前にヘッドスピードが最速になり、効率よく飛ばすことができません。

腰の回転とフットワークを使えば、大きなスウィングアークでクラブを最後まで振り抜くことができる。

 理想的なのは、インパクト「後」のフォロースルーで、音が鳴るようにクラブを振ることです。クラブヘッドが左腰の高さに上がるまでのポジションで音が鳴れば、自分なりの最速のヘッドスピードでボールをとらえることができ、エネルギーをロスすることなく、飛距離アップを図ることができるのです。

 最初は音を鳴らすことも難しいかもしれませんが、フォロースルーで飛ばすというイメージを持って、シャドースウィングを繰り返しましょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧