ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

ハードと営業力で価格競争を乗り切る
富士ゼロックス社長 山本忠人

2008年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
富士ゼロックス社長 山本忠人
撮影:住友一俊

 円高ドル安や原材料高騰など、ドキュメント市場を取り巻く事業環境は厳しい。だが、ドキュメントを扱う顧客企業のニーズが多様化し、そこに新たな市場が生まれ、われわれのビジネスチャンスが拡大している側面もある。

 高度成長期には大量印刷に向くオフセット印刷が主流だったが、今後は、短納期・オンデマンド・少量多品種印刷に対応できるプロダクション印刷の構成比が増える。

 たとえば、クレジットカードの請求明細書に同載する企業広告を、(カードの使用履歴から販促効果が高くなるように)会員ごとに変え、しかも短時間で印刷することができるようになる。

 1990年代に米ゼロックスが創造したプロダクション市場は現在、約1兆円強になったが、2011年には1.4兆円まで拡大する見込みだ。

 その有望市場を睨み、リコー、コニカミノルタなどが続々と参入し、独壇場に攻め入られた格好になっている。危機感を抱いてはいるが、競合他社の参入は業界活性化へ直結する。

 そうした状況下では、ハード(機械)の性能のよさを顧客企業に説明する従来型の営業だけでは通用せず、顧客企業がどんな課題を抱え、どうやったら解決できるのかというソリューション提案がますます不可欠になるということ。

 今春、国内の営業組織を刷新し、地域別組織から業種別組織へと組み替えた。顧客の業種特性を知ることなしに、ソリューション提案などできるはずもないからだ。

 ハードと営業力の合わせ技で厳しい価格競争を乗り切りたい。

(聞き手:『週刊ダイヤモンド』編集部 浅島亮子)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧