カードローンおすすめ比較[2016年]
2016年9月1日公開(2016年12月1日更新)
ザイ・オンライン編集部

【MR.カードローン プレミアムコース】
(住信SBIネット銀行)
SBI証券&SBIカード利用者なら最大0.6%の金利優遇
最短60分で仮審査が終了するスピード審査も魅力![2016年12月1日 情報更新]

「MR.カードローン プレミアムコース」(住信SBIネット銀行)
金利
(実質年利)
借入限度額
(最高)
審査時間 即日融資 無利息期間 詳細
0.99(※1)
7.99%
1200万円 最短
即日
最短
即日
「オリックス銀行カードローン」の公式サイトはこちら
オリックス銀行カードローンの公式サイトへ
【コンビニ借入対応※2  セブンイレブン    ローソン    ファミマ(E-net)    ミニストップ  
※1 SBI証券口座の保有登録済、「SBIカード」の保有など、特定の条件を満たした場合の優遇金利。※2 一部対応していない店舗もあります。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン プレミアムコース」の
おすすめポイント!

・SBI証券の口座を保有&登録、「SBIカード」の保有など、所定の条件をクリすると、基準金利より最大0.6%の金利引下げ!
・通常2.49%〜、優遇金利だと0.99%からの低金利!
最短60分で仮審査が終了!

・借入限度額300万円までは収入証明書の提出が不要!
・他社からの借り換えにも利用OK!
・利用明細はネットで確認する方式なので、明細書が自宅などに発送される心配がなくプライバシーも安心!

住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン プレミアムコース」のお申し込みはこちら

「MR.カードローン プレミアムコース」の基本情報
 会社名  住信SBIネット銀行
 金利(実質年利)  1.59~7.99%(金利優遇を受けた場合は0.99〜7.89%)
 金利優遇と条件  1)以下のどちらかの条件を満たす人は、基準金利より年−0.5%の金利優遇(※1)が受けられる
 ・SBI証券の口座保有登録が済んでいること
 ・住信SBIネット銀行の住宅ローン(※2)残高があること
 2)以下の条件を満たす人は、基準金利より年−0.1%の金利優遇が受けられる
 ・「SBIカード」(※3)を保有し、かつ住信SBIネット銀行を引落口座に設定
 上記の1)と2)の両方を満たす人は、基準金利より年-0.6%の金利優遇が受けられる。
 ※1 両方を満たす場合でも、年−0.5%の金利優遇
 ※2 三井住友信託銀行の商品「ネット専用住宅ローン」を含む。住信SBIネット銀行の「フラット35」はのぞく。
 ※3「SBIレギュラーカード」「SBIゴールドカード」「SBIプラチナカード」「SBIワールドカード」のいずれか。
 借入限度額(最高)  1200万円
 契約期間  1年ごとの自動更新
 審査時間  最短即日
 融資までの時間  最短即日
 無利息期間  ―
 無利息期間の条件  ―
 年会費・手数料など  不要
 返済方式  残高スライドリボルビング返済
 借入方法  口座振り込み、提携銀行ATM、コンビニATM(セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップなど)
 返済方法  口座引き落とし、提携銀行ATM、コンビニATM(セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップなど)

●「MR.カードローン プレミアムコース」を提供する
 「住信SBIネット銀行」って、どんな会社?

住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン プレミアムコース」の公式サイトはこちら

 「住信SBIネット銀行」は、住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)とSBIホールディングスの共同出資により、2007年9月に営業を開始したネット専業銀行。開業後も順調に成長を続け、2015年12月末の時点で、口座数は250万口座、預金残高は3兆6000億円(SBIハイブリッド預金1兆2000億円を含む)を突破している。

 「住信SBIネット銀行」の特徴は、なんといっても同じSBIグループであるSBI証券と組み合わせたときの使い勝手の良さだろう。

 例えば「SBIハイブリッド預金」にお金を預けておくと、「SBI証券」で株などを購入しようとしたとき、いちいち証券口座に入金しなくてもそのまま買い付け代金として利用できる。また「住信SBIネット銀行」のサイトから、銀行口座と証券口座、両方の資金を一括で管理することが可能だ。証券系ネット銀行のメリットについては、関連記事を参照してほしいが、「SBI証券」を使っている人には便利な機能だろう。
(関連記事⇒個人投資家は「証券系」ネット銀行を使わないと損!「金利が上がる」「手数料が無料になる」などネット証券と連携すれば得するネット銀行を紹介!

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気のSBI証券の公式サイトはこちら!
【SBI証券のメリット】  
口座開設数300万超はネット証券で1位。手数料も最安値水準。株主優待情報やチャート、投資情報も充実。有料トレードツール「HYPER SBI」は、月に現物株取引1回以上、または信用口座か先物・オプション口座を開設していれば無料で利用可能。ネット証券では珍しくリアル店舗も有する。住信SBIネット銀行と連携したサービスも展開する。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の口座開設はこちら!

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
 
(※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利を大幅に引き上げ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

●「住信SBIネット銀行」のカードローンは2コースある

 「住信SBIネット銀行」が提供するカードローン「MR.カードローン プレミアムコース」には、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類がある。それぞれを比較すると、金利と借入限度額に次のような違いがある。

■「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の比較
コース名 金利(実質年利) 借入限度額(最高)
 プレミアムコース 1.59~7.99% 1200万円
 スタンダードコース 8.99~14.79% 300万円

 あきらかに「プレミアムコース」がお得だが、コースについては申込者が自分で選択することはできず、審査の結果によって自動的に振り分けられる。当然、「プレミアムコース」のほうが審査は厳しく、「スタンダードコース」のほうが審査は甘いのだろう。

 カードローン契約後のコース変更は原則的に認められておらず、「スタンダードコース」の人が「プレミアムコース」に変更したい場合は、全額返済し、いったんカードローンを解約した後、再度申し込まなければならない。

 本記事では、基本的に「プレミアムコース」を解説していくが、金利と借入限度額以外、例えば、申し込み方法や借り入れ方法、返済方法といった基本的な情報は「スタンダードコース」と共通となので、どちらのコースの人にとっても参考になるだろう。

金利と借入限度額について

●キャッシングの金利はどれくらい?

■金利と借入限度額
借入限度額 金利(実質年利) 所定の条件を満たす場合の
適用金利
(※1、実質年利)
 10万円以上 100万円以下 7.99% 7.39~7.89%
 100万円超 200万円以下 6.39~6.99% 5.79~6.89%
 200万円超 300万円以下 5.29~5.99% 4.69~5.89%
 300万円超 500万円以下 4.99% 4.39~4.89%
 500万円超 700万円以下 3.99% 3.39~3.89%
 700万円超 900万円以下 2.99% 2.39~2.89%
 900万円超 1000万円以下 2.49% 1.89~2.39%
 1000万円超 1100万円以下 2.39% 1.79~2.29%
 1100万円超 1200万円以下 1.59% 0.99~0.49%
※1 所定の条件とは、A「SBI証券の口座保有登録が済んでいる人、または住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある人」、B「SBIカードを保有し、住信SBIネット銀行を引落口座に設定した人」のどちらか、あるいは両方。
※2 金利は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の金利と異なる場合があります。最新の金利は各社の公式サイトでご確認ください。

 金利は1.59~7.99%と、他社と比較してもトップクラスの低金利となっている。

 しかし「MR.カードローン プレミアムコース」がすごいのは、ここからさらに金利が下がる点だ。

 まず、「SBI証券の口座を保有、登録している人」または「住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある人」であれば、この金利からさらに−0.5%の金利優遇が受けられる。その結果、年1.09~7.49%という非常にお得な金利となる。

 「SBI証券」の口座・登録を保有していれば、株などの売買取引がなくても金利優遇が受けられるので、投資を行っている人はもちろん、投資にあまり興味がない人でも証券口座を開設したほうがお得だ。「SBI証券」はIPOの多さや夜間取引など投資家にとってメリットの多い証券会社であり、もちろん口座維持手数料などのコストは一切かからないので、口座を開設しておいても損はないだろう。

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気のSBI証券の公式サイトはこちら!
【SBI証券のメリット】  
口座開設数300万超はネット証券で1位。手数料も最安値水準。株主優待情報やチャート、投資情報も充実。有料トレードツール「HYPER SBI」は、月に現物株取引1回以上、または信用口座か先物・オプション口座を開設していれば無料で利用可能。ネット証券では珍しくリアル店舗も有する。住信SBIネット銀行と連携したサービスも展開する。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の口座開設はこちら!

 また、「SBIレギュラーカード」「SBIゴールドカード」「SBIプラチナカード」「SBIワールドカード」のいずれかを保有し、かつ住信SBIネット銀行を引落口座に設定した人は、年-0.1%の金利優遇が受けられ、年1.49~7.89%という金利が適用される。

SBIゴールドカード
還元率  0.6~1.2%
SBIレギュラーカード
SBIレギュラーカード公式サイトはこちら
発行元  SBIカード
国際ブランド  MasterCard
年会費(税抜)  2500円
(年間100万円以上の利用で
 翌年度は無料
家族カード(税抜)  あり(1枚目は年会費無料、2枚目以降1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA
(関連記事⇒「SBIゴールドカード」が条件付きで年会費無料に!還元率も改善したが、「エポスゴールドカード」や「イオンゴールドカード」にお得度では及ばず!?

 さらに、上記2つの金利優遇は併用が可能となっている。つまり、2つの条件をクリアすると、年0.99~7.39%というお得な金利でお金を借りることができる

 例えば、10万円を30日間借りた場合に発生する利息を、「年0.99%」「年3.00%」「年7.99%」「年18.00%」という4パターンの金利で比較すると、下の表のようになる。

■10万円を30日間借りたときに発生する利息の比較
金利(実質年利) 30日分の利息
0.99% 81円
3.00% 246円
7.49% 615円
18.00% 1479円
※ 計算方法は、100万円×金利(%)÷365日×30日(小数点以下切り捨て)

 年0.99%の金利であれば、10万円を30日間借りても利息はたった81円。銀行ATMの時間外手数料以下のコストで、10万円の融資を受けることが可能だ。

 年0.99%の金利で借りられるのは借入限度額が1100万円超の人、つまり年収数千万円クラスのかなり属性が良い人に限られる。しかし、そこまで属性が高くなく「MR.カードローン プレミアムコース」の最高金利である「7.99%」が適用されたとしても、他社のカードローンの最高金利は14〜18%程度なので、それと比較すると約半分の低金利だ。実際に適用される金利はカードローン会社の審査基準によって決まるので、どちらが得か一概に判断することはできないが、「MR.カードローン プレミアムコース」の金利が魅力的なことは間違いないだろう。

●「スタンダードコース」について

 参考までに、「MR.カードローン スタンダードコース」の借入限度額と金利も載せておこう。

■「スタンダードコース」の金利と借入限度額
借入限度額 金利(実質年利) 所定の条件を満たす場合の
適用金利
(※1、実質年利)
 10万円以上 100万円以下 14.79% 14.19~14.69%
 100万円超 200万円以下 11.99% 11.39~11.89%
 200万円超 300万円以下 8.99% 8.39~8.89%
※1 所定の条件とは、A「SBI証券の口座保有登録が済んでいる人、または住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある人」、B「SBIカードを保有し、住信SBIネット銀行を引落口座に設定した人」のどちらか、あるいは両方。※2 金利は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の金利と異なる場合があります。最新の金利は各社の公式サイトでご確認ください。

●無利息期間は?

 2014年10月31日まで、最大2か月間の「利息キャッシュバック特約」の取り扱いがあったが、現在はこのサービスは停止されている。現時点で再開の見込みは立っていないが、今後この特約が復活することを期待したい。

申し込みについて

●どうやって申し込むのか

■申し込みに関する情報
 申し込み資格  次の条件をすべて満たす個人
 ・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
 ・安定継続した収入があること
 ・外国籍の場合、永住者であること
 ・保証会社の保証を受けられること
 ・住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
 担保・保証人  SMBCコンシューマーファイナンスが保証するので、担保・保証人とも不要
 必要書類  ●本人確認書類
 同時に口座開設をする場合は、郵送されてくるカードを受け取るために、運転免許証、パスポートなどの提示が必要。健康保険証、住民票の写しなどは不可
 ●収入証明書類
 利用限度額が300万円を超える場合は、以下の最新のもののいずれかのコピーが必要
(1)源泉徴収票
(2)市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
(3)確定申告書
(4)給与明細(勤続年数が1年未満で(1)~(3)が取得できないとき)
(5)その他、住信SBIネット銀行および保証会社が認める書類
 申し込み方法  インターネット(パソコン・モバイル)
 審査時間  最短即日
 申し込みから
 融資までの時間
 最短即日

 「MR.カードローン スタンダードコース」申し込みは、インターネットから24時間いつでもOKだ。

 カードローンの利用には「住信SBIネット銀行」の口座が必要となるので、口座を持っていない人は、口座開設とカードローンを同時に申し込むことになる。

●申し込み時に用意する必要書類は?

 利用限度額300万円以下で申し込む人は、収入証明書の提出は不要となる。300万円を超える利用限度額での申し込みの場合は、源泉徴収票のコピーなど本人確認書類が必要。提出書類の画像をインターネットでアップロードするほか、郵送またはFAXで提出することも可能だ。

 一方、本人確認書類は、「住信SBIネット銀行」の口座を保有している人であれば、特に提出する必要はない。口座を保有してない人は、郵送されてくるキャッシュカードを受け取るときに本人確認書類の提示が必要となる。

■キャッシュカード受取時に提示する本人確認書類
 受付可
(顔写真付きのもの
・運転免許証、運転経歴証明書
・パスポート
・在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書
・写真付き住民基本台帳カード
・官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの
・公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの
 (療育手帳、身体障がい者手帳等)
 受付不可
(顔写真のないもの)
・各種健康保険証、共済組合員証
・国民年金手帳、年金手帳

●在籍確認はある?

 仮審査終了後、審査の一環として、勤務先への在籍確認の電話がある。この際、本人確認のために氏名、生年月日などを聞かれる場合がある。

●審査・融資にどのくらいの時間がかかるか

 申し込み後、最短60分で仮審査の結果が判明する。

 「住信SBIネット銀行」の口座保有者であれば、最短即日でカードローン口座が開設され、インターネットネットや「住信SBIネット銀行」のキャッシュカードを使って借り入れが可能となる。

 「住信SBIネット銀行」の口座を持っていない人は、もう少し時間がかかる。この場合、銀行の口座開設も同時に申し込むことになるが、キャッシュカードが送られてくるまで最短でも数日かかってしまう。銀行の口座開設が終了し、キャッシュカードが手元に届くまでカードローンの借り入れも利用できないので注意しよう。

●利用明細書が自宅に届かない

 「MR.カードローン」は、利用明細はすべてネットで確認するシステムで、紙の明細書は発行されない。つまり、利用明細書が自宅に郵送されることがないので、同居している家族にキャッシングの利用が知られたくない人にとってはありがたいサービスだ。

住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン プレミアムコース」のお申し込みはこちら

借り入れについて

●実際にお金を借りる方法は?

■借り入れ方法
 口座振り込み  パソコン、モバイルの申し込みで、24時間365日、振込手数料無料で住信SBIネット銀行の口座へ振り替え
 銀行ATM  セブン銀行、イオン銀行
 コンビニATM  セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどのイーネットATM設置店、ミニストップ・まいばすけっとなどのイオン銀行ATM設置店

 口座振込による借り入れは、パソコンやモバイルからの申込により、「住信SBIネット銀行」の口座に手数料無料で振り込まれる。借り入れの申し込みには、メンテナンス時などを除き、原則24時間365日対応している。

 ATMによる借り入れだが、インターネット銀行である「住信SBIネット銀行」は自社ATMを持たないので、提携している銀行・コンビニのATMを利用することになる。利用できる銀行、コンビニのATMは上表の通りだ。

 利用できる銀行ATMはセブン銀行とイオン銀行だけだが、セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップという大手コンビニエンスストアがすべて対応しているので、ATM探しに苦労することはないだろう。

 ATMでの借り入れの利用時間も、システムメンテナンス時を除き、原則として24時間365日。カードローンのATM利用料は0円なので、いつでも何回でも無料でキャッシングが可能だ。

 また、「ゆうちょ銀行」と「ビューアルッテ」のATMは、住信SBIネット銀行のキャッシュカードで入出金などの銀行取引が可能だが、カードローンの取り扱いはしていないので注意しよう。

返済について

●口座引き落としによる毎月返済

 月々の返済は「約定返済」と呼ばれ、「住信SBIネット銀行」の普通預金口座から毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)に自動引き落としされる。

 毎月の返済額は、前月末における借入残高に応じて、下の表の通りに決まっている。

■毎月の返済額
前月末時点の借入残高 返済額
 2000円以下 前月末時点の借入残高
 2000円超 10万円以下 2000円
 10万円超 20万円以下 4000円
 20万円超 40万円以下 6000円
 40万円超 60万円以下 8000円
 60万円超 80万円以下 1万1000円
 80万円超 100万円以下 1万5000円
 100万円超 150万円以下 2万円
 200万円超 300万円以下 2万5000円
 300万円超 400万円以下 3万円
 400万円超 500万円以下 4万円
 500万円超 600万円以下 5万円
 600万円超 700万円以下 6万円
 700万円超 800万円以下 7万円
 800万円超 900万円以下 7万5000円
 900万円超 8万円

 例えば、今の借入残高が70万円の場合、毎月1万1000円の返済。その後、返済が進んで借入残高が60万円以下になったら返済額も減り毎月8000円に、さらに追加融資を受けて借入残高が65万円に増えたら再び毎月1万1000円の返済となる。

●繰り上げ返済の方法は?

 下の表の方法で、任意に繰り上げ返済が可能だ。

■任意返済(繰り上げ返済)方法
 パソコン・モバイル  パソコン、モバイルを利用して、住信SBIネット銀行の口座から、24時間365日、手数料無料、1円単位で返済可能
 銀行ATM  セブン銀行、イオン銀行
 コンビニATM  セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどのイーネットATM設置店、ミニストップ・まいばすけっとなどのイオン銀行ATM設置店
 ※いずれの返済方法でも手数料無料

 パソコンやモバイルなどのインターネットを通じて、「住信SBIネット銀行」の口座から借入残高の一部、あるいは全額を、1円単位で繰り上げ返済できる。

 繰り上げ返済に利用可能なATMは、借り入れと同じ。こちらも手数料は一切かからず、いつでも無料で返済できる。

●返済が遅れたときの「遅延損害金」は?

 返済を遅延した場合の損害金は、年20.00%以下。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン プレミアムコース」のまとめ

 「MR.カードローン プレミアムコース」の最大の魅力は、その低金利にある。

 通常でも「2.49%~7.99%」、最大限金利優遇を受ければ「1.89~7.39%」という驚異的な低金利で利用できる。−0.6%の金利優遇のうち−0.5%は、『「SBI証券」の口座を保有、登録する』という比較的緩い条件をクリアするだけで受けられる。証券口座を持っているだけで条件クリアとなるので、株式投資などをする予定がない人でも「MR.カードローン プレミアムコース」に申し込む際は同時にSBI証券の口座を開設しておくといいだろう。

 低金利に加え、借入限度額が最高1000万円と高く、他社からの借り換えもOKなので、いわゆる「おまとめローン」にも活用しやすい。

 また、借入限度額300万円までなら収入証明書が不要なこと、利用明細書が自宅に郵送されず同居している家族にキャッシングの利用が知られにくいことも、利用者にとってはメリットだ。

住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン プレミアムコース」のお申し込みはこちら

(※本ページの情報は2016年12月1日時点のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください)

「金利」「即日融資」「審査時間」「無利息期間」など最新のキャッシング事情
カードローン比較!編集部おすすめ!
カードローン比較!借入限度額で選ぶ
カードローン比較!金利で選ぶ
カードローン比較!無利息期間で選ぶ
カードローン比較!金利で選ぶ(最高金利)
カードローン比較!利便性で選ぶ
カードローン比較!即日融資で選ぶ
カードローン比較!審査時間で選ぶ

 【2016年12月1日時点】
◆総合比較! 編集部おすすめカードローン情報!

金利
(実質年利、
 変動金利)
借入限度額
(最高)
審査時間 即日融資 無利息期間 詳細
無利息期間が長い!
新生銀行カードローン レイク(新生銀行)
4.50~
18.00%
500万円 最短
即日審査
(※2)
最短
即日融資
(※3)
180日
(5万円まで)
30日
(全額)
新生銀行カードローン レイクの公式サイトはこちら
【メリット】インターネットなら、申し込み後すぐに画面で審査結果を確認できる。さらに、平日14時までにインターネットでの申し込めば、最短即日融資が可能。初回利用時は「全額30日間無利息」か「借入額のうち5万円までが180日間無利息(契約額1~200万円の人)」のどちらかが選べる!
※2 申込み完了画面に表示。※3平日14時までにインターネットから申し込み、必要書類の確認が完了した場合。
コンビニ借入対応(※1) セブンイレブン ファミマ(E-net) ローソン ミニストップ 
住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコースの公式サイトはこちら
すぐにお金を借りたい人に!
アコムのカードローン(アコム)
3.00~
18.00%
800万円 最短
30分審査
最短
1時間審査
30日
カードローン比較!  アコムのカードローンの公式サイトはこちら
【メリット】2014年10月から「30日間金利0円サービス」を開始! 最短30分で審査回答最短1時間で振込。返済は、通常の「毎月支払い」のほかに、返済翌日から数えて35日後が次の支払期日になる「35日ごとの支払い」もあり、自分の都合に合わせた返済方法が選べる。
コンビニ借入対応(※1) セブンイレブン ファミマ(E-net) ローソン ミニストップ 
【詳細解説】手「30日間金利0円サービス」を新たにスタート!最短30分で審査完了・最短1時間融資の使い勝手と三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の安心感が魅力!
オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら
専業主婦やアルバイトでもOK!
イオン銀行 カードローン BIG(イオン銀行)
3.80~
13.80%
800万円 最短
即日審査
最短
即日融資
カードローン比較! 編集部おすすめ総合ランキング!イオン銀行カードローン BIGの公式サイトはこちら
【メリット】イオン銀行口座を持っていれば、最短即日で借り入れ可能。原則300万円までなら収入証明書が不要で、パートやアルバイトも借りやすい収入のない専業主婦でも配偶者の収入によっては、50万円までのローンを申し込める。コンビニや銀行のATMスマホから365日利用が可能
コンビニ借入対応(※1) ファミマ(E-net) ローソン ミニストップ
【解説記事】イオン銀行の口座保有者なら即日融資も可能!300万円までなら収入証明書が不要なうえアルバイトや専業主婦でも申し込みできるのが魅力!
イオン銀行カードローン BIGの公式サイトはこちら
金利が低めで「おまとめローン」として利用しやすい!
楽天銀行 スーパーローン(楽天銀行)
1.90~
14.50%
800万円 最短
即日審査
最短
即日融資
カードローン比較! 編集部おすすめ総合ランキング!楽天銀行 スーパーローンの公式サイトはこちら
【メリット】2014年8月15日から、限度額300万円までなら収入証明書の提出が原則不要に。最短で即日融資が可能。他社からの複数の借り入れを借り換えするおまとめローンにも利用できる。20歳以上であれば、パート、アルバイトはもちろん、学生収入のない専業主婦でも申し込み可能!
コンビニ借入対応(※1) セブンイレブン ファミマ(E-net) ローソン ミニストップ
【解説記事】口座数ナンバー1のネット銀行だから安心!オンライン手続きは簡単で、最短即日融資も可能。20歳以上で定期収入があれば学生でも申し込める!
楽天銀行 スーパーローンの公式サイトはこちら
消費者金融系の使い勝手と大手銀行グループの安心感
三井住友銀行グループのモビット(モビット)
3.00~
18.00%
800万円 最短
30分審査
(※4)
最短
即日融資
三井住友銀行グループのモビットの公式サイトはこちら
【メリット】平日19時までの申し込みなら、最短30分で審査完了!  申し込みも借り入れもすべてインターネットで済ませ、カード発行をしない「WEB完結」なら、原則的に勤め先への電話確認や必要書類の郵送などがないので手間いらず(三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に本人名義の口座が必要)!
※4 申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。。
【コンビニ借入対応(※1) セブンイレブン ファミマ(E-net) ローソン ミニストップ
三井住友銀行グループのモビットの公式サイトはこちら
auユーザーならお得!
じぶん銀行カードローン じぶんローン(じぶん銀行)
2.20~
17.50%
800万円 最短
即日審査
最短
即日融資
カードローン比較! 編集部おすすめ総合ランキング!じぶん銀行カードローン じぶんローンの公式サイトはこちら
【メリット】auのスマホや携帯電話利用者だと圧倒的にお得なカードローン! auユーザーならだれでも年0.1%の金利優遇。さらにauユーザー限定の「借り換えコース」なら、年0.5%金利が引き下げられる(限度額100万円以上の人が対象)。限度額300万円以下なら、収入証明書は原則不要。
コンビニ借入対応(※1) セブンイレブン ファミマ(E-net) ローソン
【解説記事】auユーザーなら「0.1~0.5%」の金利優遇と圧倒的にお得! 毎月返済額はたった1000円からで、毎月返済のほかに「35日ごとの返済」も選べる!
じぶん銀行カードローン じぶんローンの公式サイトはこちら
 ※ 本サイトのカードローン情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新のカードローン情報は各社の公式サイトでご確認ください。※1 コンビニATMからの借り入れは、一部店舗で対応していない場合もあります。

 

クレジットカードのおすすめ

イオン銀行「カードローンBIG」はアルバイトや
収入のない専業主婦でも申し込みできる!
最短で申込当日の借入が可能!⇒関連記事はこちら

イオン銀行「カードローンBIG」公式サイトはこちら!

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!