橘玲の世界投資見聞録 2015年1月22日

「最貧困女子」のように
「貧困」に陥るリスクが高い男女のタイプとは?
[橘玲の世界投資見聞録]

 昨年末に「最貧困女子」について書いた。


[参考記事]
●風俗嬢にもなれない「最貧困女子」問題の解決法とは?


 ここでは貧困を「プア充(プアでも充実しているひとたち)」と比較し、「人的資本、金融資本、社会資本をすべて失った状態」と定義したのだが、このことを簡単な図で可視化できることに気がついた。

 「リア充」というのは、ネット上の仮想人格だけでなく仕事や私生活のリアルも充実していることだから、人的資本と社会資本(恋人や友だち)を両方持っていることだ。でもまだ若いから、金融資本はそれほど持っていないだろう。これを図にするとこうなる。

 「プア充」というのは前回述べたように地方在住の若者(マイルドヤンキー)で、収入は貧困ライン以下で貯金もないけど友だちはたくさんいるひとたちのことだ。

 ところがなにかの理由で「友だちネットワーク」から排除されてしまうと、3つの資本をまったく持たない「貧困」に陥ってしまう。

 このように整理すると、人生における人的資本、金融資本、社会資本の関係がすっきり理解できる。

資本が2つ以上ある「超充」「金持ち」「旦那」

 同じように、人生と資本の他のパターンも可視化してみよう。

 まず、人的資本、金融資本、社会資本のすべてを誰もがうらやむような水準で持っているひと。ちょっとあり得ない設定だが、その人生は超充実しているだろうから、これを「超充」としよう。

 次いでもうすこし現実的に、人的資本と金融資本はあるけど友だちがいない(社会資本を持たない)タイプ。これはお金持ちの典型だ。

 「金持ちは孤独だ」とか、「金持ちは金持ちとしかつき合わない」といわれるのは、社会的に成功すると、カネや権力を目当てにいろんなひとが集まってきて嫌な思いをすることが多くなるからだ。逆にいえば、人的資本(恵まれた仕事)と金融資本(じゅうぶんな財産)があれば、面倒くさい人間関係(親戚や友だちづきあい)などなくてもなんの問題もない、ということでもある。実はこういうタイプは、私の知り合いにもけっこういる。

 今度は、金融資本と社会資本を持ちながら人的資本がない(働いていない)ひと。イメージとしては、親から遺産を相続して、それをばら撒いてみんなの人気者になっている、という感じだから「旦那」としよう。

 

 「リア充」「金持ち」「旦那」と並べてみると、「超充」になれなくても、資本を2つ持っていればそれなりにやっていけることがわかる。

 あと、これは「人生の成功物語」として読むこともできそうだ。若いときは「リア充」で頑張って、成功して「金持ち」になると(仕事が忙しくなって)むかしの友だちとは疎遠になってしまうけど、リタイアした後は資産を社会に還元する「旦那」になってみんなから評価されるとか。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。