ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

四川大地震の対応で、逆境を追い風に変える胡錦涛政権

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]
【第15回】 2008年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 はじめに、今回の四川大地震の被害者の方々に心より哀悼とお悔やみの言葉を申し上げます。

 四川大地震発生後の中国政府の迅速な対応、情報公開、外国からの支援の受け入れが西側メディアでも注目され、評価されています。「チベット問題で落ちた体外的なイメージを挽回すべく」といった穿った見方をする向きもありますが、こうした情報公開と制度の透明性を確保しようとする動きは別に今に始まったことではありません。こうした中国政府の対応が、結果的にイメージ挽回になっているのは確かです。

第6回『情報を握る者に「富」が集中する中国』でも触れた通り、中国の情報公開のきっかけとなったのは、胡錦涛氏が党主席になった2002年に発生した「SARS問題」ではないでしょうか。この問題で、おそらく中国建国以来初めて、情報を公開しないことによって大臣が更迭されたのです。胡錦涛主席は、政権を担当するようになってすぐに、情報の隠蔽で国際的に非難されるという洗礼を受けたのです。

 また、歴代政権の特徴を整理した以下の表からもお分かりいただける通り、胡錦涛政権は、その成り立ちからいって、情報公開と民意の重視を推し進めなければならない立場にあります。政権の正統性を維持するためのカリスマ性が弱く、経済的にも開発発展一辺倒から調和のとれた成長を目指さなければらないといった背景から、同政権は、情報公開を徐々に進めることによって、社会の矛盾を少しずつ緩和しようという戦略を取っているのです。

◎中国の歴代政権の流れ
中国の歴代政権の流れ
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高田勝巳氏の著書「中国株式市場の真実」好評発売中!

粉飾・汚職・詐欺・国外逃亡・・・。政・官・財一体の公営賭博場と揶揄される中国株式市場の闇の構造を克明に描き、再生の可能性を探る。 2520円(税込)

話題の記事

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]

上海在住15年。日系企業の中国ビジネス構築を支援しながら、中国経済の動向を「現地の視点・鋭い分析・分かりやすい言葉」をモットーにメディア等を通して日本に発信している。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)本部証券部門、上海支店等を経て2002年より現職。主な著書に『中国株式市場の真実』(共著・ダイヤモンド社刊)がある。
アクアビジネスコンサルティング ホームページ


ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

長年中国に住み、現地企業や政府と接してきた著者が贈る中国リポート。ニュースではわからない、現地で暮らしているからこそ見えてくる“リアルな中国”を紹介する。

「ビジネスマンのための中国経済事情の読み方」

⇒バックナンバー一覧